1. 無料アクセス解析

飛鳥の旅(2) 奇石をめぐる

『奈良紀行』
★TOPメニュー 『奈良紀行』 はじめました
★飛鳥の旅
  (1) 飛鳥駅東側の古墳


本日のルート011年09月 奈良飛鳥(1)地図1

 ↑画像を★クリックすると大きく…



さて。これからが、本番。 飛鳥駅西側。 国立飛鳥歴史公園
フツーの『飛鳥 歴史散策』ですよ。
9月の晴天。 サイクリングは楽しい時期です♪(ご紹介が遅れて今は11月ですが…)

今回は、奇石をめぐるをテーマに、ガンガン行きます。
BT隊、発進っ!!

10:20【吉備姫王墓】(きびひめのみこのはか)2011年09月 奈良飛鳥吉備姫王墓  
欽明天皇陵の南側。猿石で有名な古墳。
墓名は『檜隈墓』(ひのくまのはか)。吉備姫王は欽明天皇の孫で、皇極(斉明)天皇・孝徳天皇の生母、天智天皇・天武天皇の祖母にあたる。

下が有名な『猿石』。もともとは次にご紹介する欽明天皇陵の中で発見された(そうな)。
2011年09月奈良飛鳥3猿石 2011年09月奈良飛鳥3猿石 左から「女」「山王権現」 
2011年09月奈良飛鳥3猿石 左から「僧」「男」

【欽明天皇陵】(きんめいてんのうりょう)
陵名(みささぎめい)は檜隈阪合陵(ひのくまのさかあいのみささぎ)
全長約138mの前方後円墳。欽明天皇の墓といわれているが別説もあり。  

2011年09月奈良飛鳥  2011年09月 奈良飛鳥欽明天皇陵
でかいです。 前方後円墳と言われても、その場にいる瑞喜にはなんのことやら…
欽明天皇陵への参道。2011年09月奈良飛鳥欽明天皇陵 2011年09月奈良飛鳥欽明天皇陵
実は小高い丘を越える感じです。

BT隊は進路を西へ。 次の奇石だ!!
10:40【鬼の雪隠】(おにのせっちん)
2011年09月 奈良飛鳥鬼の雪隠 雪隠… コレが??
墳丘土を失った終末期古墳(7世紀後半)の石室の一部。鬼の俎板は底石で、石室が横転した状態。この周辺は霧ヶ峰と呼ばれ、鬼が住み、通行人に岐路\理を降らせて迷ったところを、俎板の上で調理し、雪隠で用を足したという伝説がある。  案内板より

【鬼の俎板】(おにのまないた)
2011年09月奈良飛鳥3鬼の俎板 たしかに平らな石。巨大。
包丁の斬った後のような、筋もある。。。

料理して(ちゃんと包丁で刻んで… なんて、文化的! 調理したら
鬼ながらあっぱれ! 便秘もなくすっきり? いや、ヒトは雑食だからまずいよ、きっと…

11:00【亀石】(かめいし)
2011年09月奈良飛鳥なんか、笑っている顔に見える。
昔、奈良盆地が湖であった頃、対岸の当間と、ここ川原とが水の奪い合いになり、湖のカメが死んでしまったという。亀を供養するために作られたのが亀石。 今、カメは南西を向いているが、西の当間の方を向くと、奈良盆地は水浸しになる… 案内板より こわーー

亀石横の即売所で、2回目の休憩。
9月。晴天。自転車、かっとばし。 BT隊は汗まみれでござった。
しかし、先は長い。お昼には早い。(だって、まだ11時!)
我々は、次のターゲットに向かった。

11:20【橘寺】(橘寺)2011年09月奈良飛鳥橘寺
中に「二面石」っちゅーのがあるけど。 入らず、次へ

今回の旅・奇石の最後はココ!
12:35【酒船石遺跡】(さかふねいしいせき)
酒船石2011年09月奈良飛鳥酒船石遺跡真上から2011年09月奈良飛鳥酒船石遺跡
現状の大きさ)長さ約5.5m、幅約2.3m、暑さ約1mの花崗岩。北側と南側が欠損(近世の加工)。石の上面に円や楕円の浅いくぼみを作ってってこれを細い溝で結んでいる。酒を絞る溝とも、油屋薬を作るための道具とも言われている。
~案内板より
酒船石から少し離れたところ。「石垣」 2011年09月奈良飛鳥酒船石遺跡(H4発見)
言われなければ、遺跡とは思えない… (倒壊した石垣を一部復元して公開)
この酒船石遺跡は 版築上に3Mほど盛り土された人口の丘陵。
『日本書紀』には、斉明天皇条の「宮野東野山に石を塁ねて垣とす」「石の山丘を作る」という記事に該当する可能性強し。
~案内板より
さらに、その下。
新亀石(亀型石造物)2011年09月奈良飛鳥酒船石遺跡H12年発見
大きさ)長さ約2.4m、幅約2m。小判形石造物から流れ出た水が、亀の鼻を通り、背中の水槽に水をためる仕組みらしい。

道は続くけど、
今宵はここまでに…

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)