1. 無料アクセス解析

吉野が私を呼んでいる…

近所のお花。
もくれんが見ごろです。
でも、桜の花も一気に開花してきました。

そう。毎年恒例、吉野散策!
ご参考)
 ⇒H20年度 吉野 行き方、歩き方の基礎編など
  H21年度 吉野 奥の院など名所ご紹介
  H22年度 吉野 まだまだ広がる吉野ワールドご紹介

スタートが遅かった桜ですが一気に開花しているようです。

今年の桜見ごろ(H23.4.3現在)は
 下千本が 4月11日ごろ、  中千本が 4月13日ごろ、 上千本が 4月15日ごろ

つまり、来週だったらいつ行ってもよい状態!

ここでご注意いただきたいのが、
この時期の吉野で行われる「行事」

いえ、行事を見たい方は「桜」と「行事」が見れてうれしいかもしれませんが。
瑞喜のように「桜」を楽しみたい人にとっては「行事」はネックです。

吉野は道が狭いので、行事が行われると、人が「動きません」
いや、動かないというのは、失敬か。 動けないんですよ。

花供千本づき(金峯山寺) 4月10日(日)
花供会式(金峯山寺)   4月11日(月)12日(火)

この「花供会式」にかちあったのが最悪で…
  両日とも午前10時より十万石の格式を持つ奴行列を先頭に、
  一山僧侶、稚児、山伏、信徒らが行列を整えて竹林院から蔵王堂まで練り歩きます


たしかに、山伏のかっこをした人が大勢、練り歩いていました。
でも、先頭の「奴行列」を見れるのは一部の人(観光客)。
練り歩かれれば、狭い山道。
はるか後ろの観光客は見えません。そして、道路の人々は動けません。
車(吉野は車の規制、あるでしょうが、地元の人とタクシーは入ってくる。
 あと、宿泊客も)も重なって。
行列も見れず、人混みの中、じーっと待っているのは、かなり悲しい…

今年、行かれる方、ご注意ください。
目当ての方は、時間を間違えないよう。
(はずすと何もみえませんから!)

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)