1. 無料アクセス解析

入院ネタ

このネタは、ERIさんから「島君でお笑い」という、瑞喜に挑戦状をいただいたとき!?
ひらめいたネタです。

ただ。

かなり、下ネタ。
ちゅーか、下品!?  ←いつものことか…
要点をいうと、瑞喜のライフワーク?のふ/ん/ど/しネタにも匹敵するという…
   いや、それ以上か…


注意)あおっているのではなく、もし、読まれるなら、注意してねという合図です。

一応、島君ねたのお笑い… のはず。

怒らない方だけ、お読みください…


ヤマト2の後。
無事地球に戻ってきた島君。
入院中のネタです。



島が目を覚ますと、そこは明るい日差しの差し込む、部屋だった。
見覚えのない天井。
  俺はいったいどこにいるんだ!? ヤマトは? テレサ…!!

かすかに香る、消毒薬──
そうだ。
ここは地球だ。ヤマトは無事ズォーダを倒したんだ。
… テレサ…

あれから、何日経過しただろうか。
最後の戦闘で、重傷を負った島は、ここ中央病院の集中治療室を経て先ほどようやく一般病棟に移ってきた。
それまでは個室だったが、今度は4人部屋。

同室には、真田志郎、南部康夫、相原義一。 退院した太田の変わりに島が入れ替わるように入ったのだ。
「いやー、よかったですよ。太田が退院して」
「あいつ、夜中にモノ食うんですよ。ばりぼりうるさいったら…」
部屋に入ると相原と南部が歓迎のようすで島を出迎えた。
「お前ら。お前らもいつ出て(退院)してもおかしくないだろ、早く出ろ」
「うわっ。真田さん超冷たい」
相原が妙にかわいく、両手を口に添えて真田を見上げる目線──女の子のスネるポーズだ。
「そうですよ、ともに朝を迎えた仲じゃないですか」
南部も同じく、傷ついた表情をして、こちらはかわいらしさほどほどに、でもちょっとすねた目線で真田そみつめる。
「そうそう! 夜明けのコーヒーも一緒に飲んで朝焼けを…」
相原は、南部の尻馬にのり、重ねてすねスネモードの女子風に真田に詰め寄る。

「五月蝿い、黙れ! 知らん人が聞いたら、喜ぶだろう!!」
まじめに対応する真田。 声が大きく、二人にかぶせるようにしゃべる。

 →ちなみに、瑞喜は大喜びして妄想します…


島はそんな皆のやり取りを、唖然として見つめ… 少し笑ってしまった。

「あ、ようやく島さんが笑いましたよ」
「よかったですねー」

どうやら、島は体の傷より心の傷のほうが問題で、大部屋に放り込まれたようだ。
ここには、ヤマトの盟友がいるし、兄貴分の真田さんもいる。

そう思うと、島はテレサをなくしたという傷をは元には戻らないが、その傷を忘れるのではなく、冷静にみつめることが少しづつできるように思えてきた。



すんません、続きは明日。

アジア杯日韓戦を見ていて、(延長戦でPKまであるんだもの!)
もう、寝ないとさすがに明日が… 

おやすみなさいー

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)