1. 無料アクセス解析

10月が終わってしまった…

怒涛の10月でした。

ブログの更新もままならず…

実際、時間的にも追い詰められましたが、
それ以上にかなり精神的にも追い詰められた毎日でした。


ま、すんでしまえば、そーってことも、ねー。

ちゅーことで、11月の土日は怒涛のように…
遊びの計画を入れます!

というか、
土曜出勤の振り替え休日もありますので、
消化です、消化!


コメント

秋の妄想

四郎くんが風邪で寝込んだことを知ったサーシャちゃん。
佐渡先生から「容態はわかっておるから、薬を届けてくれんか」と頼まれました。
ちょうど仕事も終わったところ、お安い御用でございます。
「薬はアナライザーが持ってくるから、待っててくれんか」
で、アナちゃん持ってきましたよ、ちゃんと。
「ノミカタ ハ コノフクロノナカニカイテアリマスカラ」
「ありがとう、アナライザー」
じゃあ・・と四郎くんとこへ行こうとするサーシャちゃんをアナちゃんは慌てて止めました。
「ダメデスヨ オクスリヲ モッテイクトキニハ ユキサンノヨウニ ナースフクヲキナケレバ イケナイキマリニナッテイマス」
・・・?そんなこと聞いたことないけどなあ。
しかし実年齢はいまだ一桁なサーシャちゃん。
真に受けちゃいまして。
「でも私、ナース服なんて持ってない・・」
困っていたら、アナちゃんが太助舟違う~そんなの出したらヤマトに着く前に転覆するわ!
助け船を出しました。
「コレハ ユキサンノ ナースフクデス イマハ ヒショノシゴトガオオイカラ ツカワナイカラト カリテキマシタヨ」
「まあ、ありがとうアナライザー!」

・・ちょっと胸のあたりがキツイ気がするけど、入ったからまあいいか。

ナースのコスプレサーシャちゃん、いざ風邪引き四郎くんの元へ!

その姿を見た四郎くん・・・
いきなり熱が40度越え、おまけに盛大に鼻血まで出す騒ぎとなりました。

なんとか健康を取り戻した四郎くん。
「なあ、サーシャ。俺のとこに薬持ってきた時、なんであんなかっこうしてたんだ?」
「え? だってアナライザーが・・」

(ひとしきり2人でエロエロアナライザーの悪口で盛り上がる)

「でもね、四郎くん」
「何?」
「あのナース服、ユキさんのだったんだけど、なーんかスカートがやたらと短いような気がして歩くのにも気を使ったのよ。ナースって緊急事態には機敏に動かなきゃならないでしょ? あの超ミニって実用的じゃないように思うのよ。キュロットでもいいし、ズボンにしたっていいじゃない?」
「それもそうだな・・・」

「でね、司令部の制服もなの・・・」
「ん? 制服もってどういうこと?」

「ユキさんって仕事もバリバリで、すごく美人でしょう? 憧れる女子職員が多いのよ、それでユキさんのファッションを取り入れるのが流行っててね・・・」

「最初は司令部の制服も、あんなミニじゃなかったのよ。でもユキさんがミニでかっこいい脚線美を見せてるから、みんなこぞってスカート丈短くしちゃって・・・」

四郎くんの顔がなんとなくこわばりました。

「なあ、サーシャ」
「なあに?」
「君は制服のスカートをやたらと短くしたりしないでくれ。それでなきゃ相原さんに頼んで長官に直訴して・・・」
「直訴って、何を?」
「司令部女子制服をミニ禁止にする!! 少なくとも君だけは絶対ミニはいたらダメだからな」
「ええ~~ なんで私だけ・・・」
「動きにくいって言ってたろうが。だったらズボンにしたほうがずっと機能的だし仕事もはかどるんだ! ・・・まったく、ユキさんは何考えてるんだ・・・
サーシャにおかしな影響を与えないでくれ」
ぶつぶつぶつ・・

「四郎くん、何ぶつぶつ言ってんの?」

「い、いやなんでもない。えっ・・と。ほら、なんだ。
動きづらいのは困るだろ? だからだよ、サーシャには気持ちよく仕事してもらいたい・・から・・(モゴモゴ)」

「え~?」

きっと、ユキちゃんはアナちゃんにスカートめくりされまくってたために、パンツがモロ見えになろうが気にしなくなっちゃったですよ。慣れたというか。

いけない、サーシャのパンツを見るのは俺だけだー!
他のヤツらに見せてたまるもんか!!
と、まだ見ぬ「それ」を守るために加藤四郎は1人固く決意したのだった。

お粗末さまでした~

↑・・・スカートハ、メクルタメニアルノデス、ハイ♪


 あたしゃいちどもございませんけど。

われわれ小学生の頃に

陣取り合戦のバリエーションで「スカートめくり」というのが流行って大人や先生たちにあきれられたことがありました。男女対抗でやるんですけどね。

その代わり、つかまって捕虜になった男の子は悲惨です。穴掘って埋められたあげく「ひとじち」ですからねー。…今の子はませてるから、こういう無邪気な遊びは無理かもしれませんが、、もしかしておーさかだったから洒落で済んだのかもしれません(爆)

↑・・・アナハ、埋メテハイケマセン。空イタアナヲ埋メルノハ、アナライザーノオ役目デス。
 ンデモ、コレッテ・・・アナ違イ・・・シクジッタ(爆)

ぬほ!?

コメント、ありがとうございます♪
v-254瑠璃さま
きゃー!! 素敵お話がやってきたー!
こ、これは… あっしが書いたコメント返事の妄想をお話にしてくださった!? ありがとうございますー。
ふっふっふ。四郎くんの必死の防御がよいですねー♪ ああ、瑞喜ン妄想もいつか形にしないと…

v-254Tackeさま
アナライザーの哲学──ロボット三原則みたくもってそう。このロボットを設計した人って…

v-254綾乃さま 
男女対抗のスカートめくりって… すごくないですか!?(でもいくら大阪でもそういうのは洒落、ではすませらんないと…)

v-254Tackeさま
わけわからんので、コメント不可能(きっぱり)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)