1. 無料アクセス解析

2010年ボローニャ絵本原画展に行ってきました

2010 イタリアボローニャ国際絵本原画展 に行ってきました。

場所:西宮市大谷美術館(阪神「香露園」より西へ徒歩7分)
期間:2010年8月21日(土)~9月26日(日)
   午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
    ☆金曜日は午前10時~午後7時(入館は午後6時30分まで)
休館日:水曜
入館料: 一般800円/高大生600円/小中生400円
    ☆駅から美術館の途中の喫茶店等で-200円の前売り券が入手できます!

ボローニャ絵本原画展(表)←今年のテーマ
「ウサギのマーカス大王」ケーストゥティス・カスパラヴィチュス(リトアニア)

いつも、9月に入ってからの午後訪問していたのですが
年々人混みが増えていくので、ゆっくりと鑑賞できない…

ということで、今年は8月中に行ってきました。

はっきり言って、予想以上にゆっくりと見れました!
つまり、人がほとんどいない。

ゆっくりと、ゆっくりと見ました♪

でも、これは… 8月中だからというより、
くそ暑い(37℃突破してます)からかも…
 (そういや、7月の京都・ボストン展(37℃突破した日)も人が少なかった…)

ああ、暑かった…

ボローニャ絵本原画展(中)←中のオブジェ
毎年子供たちでいっぱいでなかなか撮影できないんだけど…
今年は、ホント、子供も少なかったよ…

【ご参考】
ボローニャ絵本原画展は、1回/年 5月ごろ開催される絵本コンクールの(全部ではないですが)入選作が展示されます。 東京と関西(毎年・西宮市大谷美術館で9月ごろ)で開催されます。
5点1組にしたイラストを応募すれば誰でも審査を受けられる公募展で、すでに絵本として発表された作品も、未発表のものも全て平等に扱われるので、新人作家の登竜門として日本人も多く出品されてます。(ボローニャではブックフェアも同時開催され、世界中のバイヤーが集まっているのでその場で商品化の話ができるそうです ←過去のニュースソースより瑞喜ん記憶から記述。大谷美術館でもボローニャで開催のブックフェアの様子が放映されてますヨ)

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)