1. 無料アクセス解析

ちょっとした話

瑞喜。友人に看護婦がやたらと多い。

そのうちのY。救急センターのオペ室勤務。
白衣を着ると頼れる姐さんですが、
普段はそんなことを微塵もカンジさせません

Yが新人だったころ──20年前の話だからもう時効でしょう(多分)

オペ室勤務ってやっぱ相当に過酷。
ストレスも溜まりまり。(ご苦労様です、Y)
そんなナースのひそかなお楽しみ…(オペ室勤務限定か!?)

それは、緊急で運ばれていた方を手術台に送り込むときに
洋服をとる。はがす。
ええ、脱がしては駄目。←傷口が広がる可能性があるかもしれないので。

Yは、はさみで洋服を切ります。
すっぽりと体が抜けるように、着衣状態ではさみを入れます。
ざっくりと。

その日もYは交通事故にあわれた年配男性患者の洋服を切る準備。

見れば、超高価そうなスーツです。
でも、遠慮していては、仕事になりませんので、
いつものようにすっぱりと切りました。
まずは、ズボンから。

すると、出てきたのは、真っ赤なスキャンティ!

「え!?」と思考は停止していても
優れたナースであるYの手は上半身の高価なシャツをざっくり切っておりました。

で、出てきたのは、下とおそろいの真っ赤なブラ。

年配の男性は、女性用の下着を着用されるのが趣味だったらしく…

「え? え?」と思考は停止していても手は動く。
いつものようにすっぽんぽんにした患者をオペ室に搬入。

切った洋服は、患者のご家族に渡すようにたたんで保管されるそうです。
下着ももちろん、一緒にたたんで。

瑞喜「で、その男性のご家族は、下着も受け取ったの?」
Y「受け取ったと思うけど、日勤に引き継いだ後だから、どうなったんかは…」

事故にあう前に自分の下着がどうなっているか、確認せねば…
(いえ、女物の下着をつけていても、瑞喜はやましい状態ではないです!!)

コメント

・・・かくして、あたしの下着も切られたのかなぁ、などと、20年以上前の事で自沈するあたしでしたっす…(これ以降は放送禁止用語の世界になりますので自粛)

ユキちゃん驚愕

例によって猪のように進くんが突っ走って怪我したんで、ユキちゃんが服をはぎ取ると…
「きゃーっ 何これっ!?」

そこには真っ赤なくらしっくぱーんつ!

いかんなどうも妄想がそっち方面にいってしまいます。
真っ赤なふんちゃんはスキャンティに見えなくもない…かも? それはそれでユキちゃんショーック!

コメントありがとうございます

v-254某方。さま
>あたしの下着も切られた
はい! きっと優しい看護士さんにざっくりと。 20年以上前だったら、時効です。お気になさらずに… って、どんな下着だったんですか!?  もしや… ↓アレですか!? ((o(´∀`)o))ワクワク

v-254瑠璃さま
ほほほ。瑠璃さんってば例によって、妄想暴走なんですものー♪ 赤ふ/んだったら、OKかも? ←ナニをOKしてるんすかね、ワタクシ

>ユキちゃん、ショーック
瑞喜もソレ(古代君の下着がスキャ…)は、いやですぅ涙目(ノД`)シクシク

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)