1. 無料アクセス解析

大阪の常識

ウチは東京と大阪に本社がある。
東京の人が大阪で勤務している場合も多い。
瑞喜のチームにも東京のおっさん(52歳)がいる。
こやつ、大阪に来て既に15年が経過しているのに、いまだ関西に馴染んでない。
いや、馴染もうとしない。
(どうも内心、大阪人を馬鹿にしているようだ。浜っ子でインテリだから大阪を下品と思っているようだ)

先日、アラフォーのおばはんギャル(トシのワリには乙女度合いが多い)から、USJのちらしを見せてもらった。
(大阪にあるUSJは、東京のネズミーランドや、鼠海とは違い、宣伝に力が入っている。 在阪会社はUSJのチラシが季節毎に配布されている)
瑞喜、鼠はあまり好きではないが、犬は大好きである! ←アメリカの有名ピーグル犬のこと

そのちらしによると、サンタの衣装を着た〇ヌーピーが2800円。スヌ〇ピ〇のまんじゅうが1000円(美味いらしい)。
ほかにも、E.T.gaサンタの帽子をかぶった怖ろしげなグッズもあったような(記憶が定かではない)
その中で一際目を引いたのが、園内で売っているポップコーンを入れる入れ物。
(実は瑞喜、2つ持っている。一つは(嫌いと言いながら)鼠バージョン。もう一つはピーグル犬。)

瑞喜「ス〇ーピーの家、仕様のポップコーン入、1400万円ってどうよ!?」
おばはんギャル「高いですよね。クリスマス価格ですよね。でも、かわいいですよね」

そこに、向かえの席からおっさん乱入
おっさん「1400万円!?」
おばはんギャル&瑞喜「・・・」

うどん屋での会話
客「きつねうどん、なんぼ?」
店のおばちゃん「350万円」
客「じゃ、コレ(千円札)。おつり650万円」

この世界ですぜ!?

己は、何年大阪に住んどんじゃ!
ったく、遊び心のわからん東京モンはこれだから困る。

コメント

浜っ子さんということは。
東京人ではないわけですよね。
(いやな突っ込み)
逆に、九州人であることを誇れ!とかけしかけられる東京在住のうち県人って・・・
どうなんだろう・・・・
激しく浮いてるのではないだろーか。

数年前、母の日前日のお花屋さんで。

ポトス 「おじさん、母の日の花キューピットってまだ間に合う?」
おじさん「うーん。相手の花屋さんの事情によるけど、ウチの花を宅急便で送れば明日着くよ」
ポトス 「ほんと? じゃあそうするね。それで、いくらくらいのお花がいいのかな?」
おじさん「ウチには、5万円の花しか残ってないよ~」
ポトス 「え~それは残念だわ。10万円のお花を贈りたかったのに!」
おじさん「そりゃ、残念だ」
p、おじさん あっはっはっは。

と、○千円のお花を贈りました。
○千万円といかないセコサが関東人でしょうか、ねーさま☆

珍人類?

・・・どうやら関西というところは、慢性的にデフレ経済が蔓延しているため、昨今の経済的危機感が認識されないのであろう・・・

 などと真面目に書いておくけども、デフレを笑いに転化する生命体というのも、世界的にもこの地域にしか生存していないようである(笑)

>Tacheさま
お上(かみ)のやることに反発するのも、この地(関西)特有とのこと。 関西には関西のルールがある!(それを人は『ローカルルール』と呼びますが…(笑)
新しい発想ができるのが関西。 でも、芸能人を政治家にするのって嫌だったなー。特に今は亡き某漫才師。セクハラしておさらばだったけど… あんなのを選ぶなよ… 今回の知事はグッドです♪

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)