1. 無料アクセス解析

師匠のことを思い出す…

瑞喜がゲーマーであることを今の職場で知っている人はいない。
(ゲーマーといってもたいしたもんでもないんですけど)
瑞喜にとって、ゲームと言えば、ドラゴンクエスト!
あのころ、『みじゅ菌』という勇者をつくり大陸を右往左往しました(遠い目)
ドラクエを求めてゲーム機も、ファミコン⇒スーパーファミコン⇒プレステ
で、プレステになった時点で、一時ゲームを卒業しました。
というのも、あまりにリアルな解像度。ドアを開くたびに画面が真っ暗になる(光の点滅)…
つまり、三半規管の弱い瑞喜は『ゲーム酔い』を起こし…
吐き気と闘いながらゲームをする自分… マジで体を壊すと、断腸の思い出ゲームを卒業…

それまでは、非常にがんばっておりましたよ! 自分で言うのもなんですが、非常に真面目にがんばりましたとも!!

瑞喜がするのは、ドラクエ。
あれは根性さえあれば、先に進めますから(FFとかは駄目です。難しいストーリィはよくわかんないから。
とろいので、シューティングは、定価のうち、遊べるのは10%くらいという… 入水マリオとか、飛び降りマリオとか、焼け焦げ… 先にすすまないんですよねー)
でも、アイテムの場所がわからないと、誰にも質問できずかなり、彷徨います… 
当時、ネットないんですよ。 
瑞喜んトモダチにドラクエやってるのはいないので、質問できる人がいない、辛い環境。くすん。

~ある日の昼休み~
瑞喜「ゲームの先がすすまないんですよね…」
リーダー「俺んところの子供に聞いとくか?」
当時の瑞喜んチームのリーダーには10歳くらいのお子さんがいらっしゃいました。

瑞喜「え?」(その手があったのか!)
初めて、リーダーが頼りになると思った瞬間です!
さっそく、ひらがなばかりのお手紙をかきました。
『てんくうのよろいは手に入れたのですが、かぶとがみつかりません』っと…

翌日か、その次の日

リーダー「これだよ」
瑞喜「ありがとうございます!」
手紙をあけると、そこにはよれよれの汚い字で『xxのほこら の たからばこ』
おお!そういえば、あそこに鍵のかかった祠があった! 今もっている鍵で行けば、こんどは祠に入れる!!
瑞喜「師匠、すごいですねー。即答ですねー」
リーダー「いや、手紙を見せたら、実際にプレイしちゃると息巻いて、その人は何処に住んでいるのかって聞くんだ。
    で、大阪のミナミの方だよっって応えたら、がっかりして、返事を書くことにしたんだ」
リーダーは宝塚在住。
師匠にとって、ドラクエより難敵は電車乗り継ぎなんですね。

今も瑞喜はゲーマーです。師匠がいなくてもやってけるのは、ネットという素晴らしいアイテムがあるから!
でも、師匠はきっと、ゲームを卒業したんだろうなー。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)