1. 無料アクセス解析

第61回正倉院展に行ってきました

先週くらいから秋を満喫しております、瑞喜です♪
文化の秋第一弾は、『和』

今年は、事前に正倉院展のことを紹介するTVもみましたし、いや、事前勉強バッチリ!
朝9時開演に間にあうように、奈良国立博物館へ向かう。
これは、本館。

正倉院展は、東・西館で開催。本館のウラへ

平日の朝一、オープン前でコレ。
15分待ち。
既に観光バスも3台到着しておりました。

9時15分には中に入ったんですが、
ガラスの前には既に3重にも4重にも人垣ができており…
自分の身長が高いことに感謝です。(日本のお年寄りが小さいことにも…)
遠くから楽々見ることが出来ます。
こうしてみると、正倉院展の展示ブツがいかに混雑に成れて配置されているかがよくわかります。

高い位置に説明文が配置され、その横に写真がある。さらに、説明と実物の間をあけてある。
⇒実物はやはり、目線より下に配置されているので人垣が大きいと全く見れないけど、写真を確認することはできるし、説明文をじっくり読んでから実物を見れるので、実物の前で立ち止まって説明文を読む人が少ないので邪魔な人がいない。(文なんか読まずに、モノを鑑賞しようよー)

ガラス展示が10mくらいで途切れている。
列がそこで一旦途切れるので、客が色んな列に流れやすいので、混雑が緩慢にならない。

今回は、天皇陛下御在位20年を記念し、正倉院宝物を代表する名品が数多く出陳されているとのこと。
日本の宝ですよ! すごく美しく素晴らしい宝物でした! 象牙を藍色で染めた後。彫られた細工の小刀(っていうのか?)、刃も美しくて眩しいくらいに研がれており… 
まさか、内部を撮影できないので、表の看板をうつしときました。
この琵琶は裏面なんですよね。むちゃきれいでした、べんべーん、と実際の演奏時の音も披露されていました。
見終わった後、いつものように本館へ。
正倉院展のチケットを持っていると常設展もそのままみれるという。。。
かなりお得なんですよね。国宝がたくさんあるので本館も見逃せません!

【アクセス】難波から近鉄(快速急行で40分) ⇒近鉄奈良駅 540円(特急は+500円)
★JR奈良も行けますが、近鉄奈良駅の方が奈良公園に、より近い!
奈良公園の横の国道沿いに歩くこと10分。(バスで1駅。歩く方が早い)

ちなみに、本館を見終わって、ほっと一息ついたとき…
時刻は10時をまわったころ。
(正倉院展の宝物のなかでも興味の無いものはさっさと見飛ばしますし、本館は何度も来ているので、駆け抜け?ました)
この後、興福寺に行くのですが… すごかったです(続きは、また…)

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)