1. 無料アクセス解析

【阿蘭陀】ハーグ 美術館

ハーグ。 デン・ハーグ。
ハーグ ←ピカソ?

フェルメールファンは、よーくご存知の美術館がある町

マウリッツ王立美術館
工事中 マウリッツ王立美術館←工事中だー

開館: 火~土曜 10:00~17:00  日祝 11:00~17:00
    (ただし4月1日~9月1日は月曜も開館)
休館: 月曜、1/1、12/25  (特別展示等による臨時休館あり)
入館料: EUR 12
※ 入館料は展示内容によって変わるそうです。ミュージアムイヤーカールトが使えるので、問題なし!
※ 18歳以下は無料
インターネット: http://www.mauritshuis.nl ←リンクしてません。ご自分でこぴぺしてね


時差ぼけがなかなか治らない瑞喜は、連日、午前6時に起床。
(ふだんの通勤でさえ、7時なのに…)
だから、マウリッツ美術館にも午前9時15分(午前10時openの前!)には到着しておりました。
時間もあるので、辺りを散策。
とすると、大型観光バスが… 日本人大量下車!
そう。日本人はフェルメールが大好きなんですよねー。
ということで、観光もそこそこに、美術館へ戻ります。
で、2番目に並んでオープンを待ってたんですが、いちばん前が、前述のツアーのガイドだもんで、
中に入れたのは、35番目(多分、そのくらい)

さっそく、無料のオーディオガイド(日本語♪)を借りる。
ツアー客だったら、ゆっくり見る時間も無いのでオーディをガイドを借りれない。この辺は安心ですよね。(ガイドが案内するんでしょうけどね)

オーディオガイドは90分。当然ガイドされない作品もありますけど
フェルメールの3枚はしっかりと♪
 多分、門外不出なのが、『デルフトの眺望』(フェルメールは風景画を2枚しか描いてないんですよ)

そうそうこの美術館で秋篠宮ご夫妻にお会いしました。

そういえば、ビネンホフの入り口に赤じゅうたんが・・・(見学できなかったし#)
ビネンホフ前には赤いじゅうたん


もうひとつの心残りが、エッシャー美術館。
エッシャー美術館が…
なんでや?
ネットのどこにも記載がなかったけど、修復? 工事中。

心残りができました。
リトライ!!

⇒2009年 夏旅ものがたりのTOP

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)