1. 無料アクセス解析

ヤマトなイベント(2)

さて、先日の続き。

巷では『神』扱いのアリオ八尾(らしい)
半田教授のヤマトにおける解説。
(教授が勝手に解釈しているのであって、アニメとは無関係 とのこと)

さらにいうと、ここに記述するのは瑞喜なので、
情報の劣化が懸念される…Oh,No~

というか、教授のお話…くわしくは、こちら!
どどーーーーん! これを読みましょう~

宇宙戦艦ヤマト2199でわかる天文学: イスカンダルへの航海で明かされる宇宙のしくみ宇宙戦艦ヤマト2199でわかる天文学: イスカンダルへの航海で明かされる宇宙のしくみ
(2014/12/09)
半田 利弘

商品詳細を見る

★12月9日販売、必須予約ですよー!!

以下、瑞喜の記憶で書きます。 間違ってたら… ごめんなさい(で、すませますよ、ええ)

《大マゼラン星雲》
どこにあるのか? 北極星の反対。つまり、日本からは地球が邪魔でみれない… でも実在します! 七色星団の元=タランチュラ星雲(タランチュラせいうん、NGC2070、Caldwell 103。大マゼラン雲のHII領域にある輝線星雲)も実在します!
ただし、雲の密度はあんなに濃くない(そうな)
地球の1立方センチメートルがタランチュラ星雲では3.3Km周辺にハルカス(300m)を敷き詰めた状態と同じ密度。むちゃ薄!なので、あんな雲は無理とのこと
2199のオープニングは大マゼラン星雲へ突き進むヤマトの後姿。
じゃ、40年前の初代オープニングはどうなっているか。
 なんにもない宇宙空間に向かっている。。。(教授は手持ちDVDで調査)

《太陽系は棒銀河》
渦巻きだと思っていたけど、最近の天文学のトレンドでは「棒」。
複数の研究機関で時を前後して発表になった⇒棒銀河、確実!
ヤマトの中でも棒状で表現されている(らしい)

《太陽系をうろうろ》
最近のアプリやソフトで2199年1月の太陽系の惑星位置を確認できますが…
ヤマトは地球⇒火星⇒ワープで天王星に向かおうとして失敗。木星(●渕カントクが浮遊大陸(ありえません)を出したかったので。⇒土星⇒冥王星
太陽系をうろうろしてます。
が、太陽系の惑星はほぼ同面に存在するため(冥王星は準惑星なので、ちょっと面が出ている)、イスカンダルに行くには無駄な動きをしていた…なんですと!


《未来の火星》
火星は赤い色で描かれます。
現在の研究で、火星に昔水があったという説があります!
2199では火星をテラフォーミングしている設定なので、
水の描写がある(火星が真赤ではなく、青い部分 があったよ)
 (ご参考)ユキが百合の花をささげるときに見える『火星』
   青い色が見えます!(見ました!!)
今から未来のことなので、次にリメイクしたら、どこか変わる可能性がある

まだまだ、語りたいけど今日はここまで。
疲れたー

コメント

なるほど~反対側ね!

瑞喜さん、ありがとね~(^^♪

大マゼランは違う方向にあったのですね!
島~~~!
航海班は当然知っていてのことだよね!

遊星爆弾を止めておかないと地球への攻撃がやまないからね!

ここは、島のせいじゃなく、沖田艦長の指揮の下ということで…♪

お忙しい中、スミマセンでした。
でも、色々と勉強できて楽しいよ!

Re: なるほど~反対側ね!

v-254Sドクターさま
そうなんですよ。地球→木星→… 太陽系を動いたことは、まーーったく無駄だったという。言われてみれば、納得。\(◎o◎)/!
帰りは冥王星通らずに、ソッコーで地球到着でしょうか??

でも、まだレポートは続くのです。
いっせーのせの次にでも!!

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)