1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマトなイベント(4)

前回までの アリオ八尾イベント → (1)、 (2)、 (3)
 
 『半田教授による科学解説講演会』 3回目。
すみません、長く引っ張る気持ちは… ないんですが(いや、ちょっとあるか?)

今日も、瑞喜フィルターにかかった記事なので
間違っていたら… ごめんなさい!(で、すませます、ええ!)

今回、特に興味をひかれたのが、距離を測るということ

以前、●HKで放映された「宇宙の果てを測れ コズミック・ラダー」 
『三角測量』で計測可能です。
地球と太陽の距離は約1億5千万光年。 ここに、その星のずれ=年周視差を利用して計測できます。
太陽系の近くだったこれでOKですが、距離が遠くなるほど
年周視差=角度 がものすごーーーく小さな数字となります。
ちょっとしたずれが、何万光年の差異=誤差となってしまいました。
で次に着目したのが  『電波』 電波のよいところは、光がとおらないところも通り抜けれます!
ということで、二つの電波の届く時間の差異で距離を測定します。
→差異を計測できる時間が細かければ細かいほど正確
それ以上の距離になると、再度『光』で距離を計測 … となっていきます

こうやって、次から次へと計測が変化し、コスミックラダー(宇宙梯子)が伸びていくんですね~

で、40年前と測定値の正確により、イスカンダルとの距離が2199では変更になったんですねー。
しみじみ。
人類の進歩ってすごいですよね! (あ、上記のN●Kの番組もオススメですよ)

そして、半田教授より、どどーん!! 素敵な情報が!!
太陽系外の惑星の名前、初めて一般公募
天体の名称を決めるパリの国際天文学連合(IAU)が惑星の名前を一般から応募しているんだそうです!

 ArtroArt  
 日本天文愛好者連絡会 では、IAU(国際天文学連合)天文クラブ情報の登録方法[改訂中]を日本語で公開してくださってます!
 IAU公式は英語しかないので、何ていい人たちなんだ(どうやら半田教授も関係されているような…)

これによりますと、
 IAUは、2008年までに見つかり詳しく調べられている305個ののうち、
 惑星と中心の恒星からなる20~30個の惑星系の命名を募集ということ。
★案内リーフレット
君が名づける IAU(国際天文学連合)太陽系外惑星命名制度スタート!(2014Aug9版・PDF)
命名の条件は
 ・長さは16文字以下(英語にしたときに文字数が16文字以下になること)
 ・1つの単語であること(言語による。)
 ・発音可能であること。
 ・非攻撃的なものであること。
 ・既存の天体につけられている名前でないこと(類似していないこと)。

 で、著作権がある関係上、イスカン●ルとかガ●ラスはNGですね。がっかり

まずは、今年中(2014・12)までに『団体』を登録すると
  翌年に新しい惑星の命名が可能!
  ※集団申請を年内に、活動記録を、アリオ八尾の後援会にすれば、登録可能!
 
どなたか、サークル作りませんか? 
そして、素敵な名前を命名するのよ!著作権に引っかからないようにしてね

半田教授の講演会レポはこれで打ち止め。
いやー、まだまだ書ききれませんが。キリないし。

あー、教授の本、早く読みたいです♪

コメント

瑞喜さん、なんて素敵な企画でしょう!
協力しますよ~~~♪
新しいユニークな名前を登録できるなんて。
僕も教授の本が待ち遠しいでっす。

次の情報お待ちしています…(^^♪

でしょー! 素敵すぐるーー

v-254Sドクターさま
> 瑞喜さん、なんて素敵な企画でしょう!
そうなんですよ。 英語学力の無い瑞喜にも理解できる日本語のHP作成くださった方々に大感謝です!
ありがとうございますーー

> 協力しますよ~~~♪
うふふふ。 やっちゃいますか!
星の名前、著作権にひっかからないのにしないといけないので、ヤマト関連はだめですよね。うーむ。考えるのが楽しみです~

もう1本あるんですが、いつかけるかなー。本が出たら、そこに書かれているのかも…

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。