1. 無料アクセス解析

新刊・サンプル(フォトストーリィズ)

COMIC CITY SPARK9
10/12(日) 東京ビッグサイト2014年10月 東京SPARK 
【東3ホール ヤ57b】 星花繚乱 

サークル参加 いたします!
新刊出します!
初めての小説Onlyざんす!


2014年10月 東京SPARK 新刊目次目次


小説本なので、格調高い!? 目次にしました(笑)
↑、クリックすると(多少)大きくなります。大きくすると…
ハイ、豪華ゲストがどなたか、わかってしまいますね★
(え、最初から わかりすぎ?)

この冊子は『古代くんの机の上写真のお話』です。
その写真のうち4葉しか、書けなかったです。(頁と時間の関係…)

今回は、瑞喜のわりには、ラブいです。 多分。きっと、ラブいんじゃないかな。
どきどき。ええ。(臆病者!)

Pixivでサンプルupしてるので、こちらでもサンプルUPします。
ですが、あくまでも『サンプル』なので、途中で終わってます。
続きは『冊子』でお楽しみください (笑)

今回、ご紹介するのは…

sparkの次の週の某イベントにも委託をお願いいたしますので
敬意を表して、サブマコも書いてみた!(ちょっぴりなんですけど)

実は振り返ってみると。
瑞喜、サブマコ(っぽいのって)結構、書いている。(テキストを)
古代くんやユキちゃんの2199の性格を
掴み切れなかったので、真琴ちゃんの明るさに引かれて…
書きやすかったーー♪


以下、続くから、どぞ!


サブちゃん、この写真どうして飾ってんの?

 原田真琴は加藤三郎の部屋を訪問した。
付き合って数か月が過ぎたが、それは初めてのことで。
自分の私室は、岬百合亜と二人部屋。
加藤のそれは個人部屋であり。
とにかく! 
初めてのカレシの部屋に緊張する真琴であった。
頭の隅にあるコトは……

コレって、イタすってことよね!

能天気な真琴でも、初めてのコトで硬くなってしまう。
(対する三郎は別の意味で、体の一部が硬くなっているだが)

士官の一人部屋と言ってもそこは狭い空間。真琴の緊張を思ってか。
三郎は、部屋に入ると飲み物を用意すべく動いていた。

「あー、その辺、座ってくれっつってもベッドくらいしか……
いや、いきなりベッドってのもなんだから、えっと。そこに!」

真琴を部屋に唯一の椅子に座らせ、自身はベッドに腰掛ける。
しかし、緊張から沈黙が……
所在無げに視線を漂わせる真琴は、ふと飾ってある写真に目をとめた。

お坊様の格好をした(実際に僧侶なんだけど)
いかついおじさんと若い僧侶たち――は、三郎が何人もいるのかと思って、
二度見してしまうほど、良く似ていた。
大中小とサイズは異なる。

――これは、サブちゃんの兄弟なのねー。
ヤダ。みなさんかっこいー!! 
その横は、艦載機隊のメンバーだわ。地球かな? これ。
沢村さんでしょ、篠原さん。あれ、この人誰だろう? サブちゃんや篠原さんと一緒に写ってるンだけど。
こっちは、あ、私の写真❤ 
あ。これも。これは……やだー。
コレは駄目! 後でかわいく映ってる写真と交換してもらおうっと!

以下、続きは冊子で★

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)