1. 無料アクセス解析

クロシマくん (2) 上

大好評のクロシマ ……

喜んでいただけるんなら書き続けますとも!
そうです。
2199の島くんはもっと、怒っていいんですよ。
(いえ、そのほかのキャラたちも……!)

オリジナル=前世で、ユキへの想いをコクハクした後のお話。
彼は、リインカネーション 違うな。
もう一度人生をやり直す。2199の世界で!

という、かなり無茶な展開を笑って許してくださる方のみ

プロローグ的お話  (1) (2) (3) 閑話
クロシマくん   (1) (2)上

7/16 ちょっと変更して…あまり長くなるので2つ分けました。
……工事中として 日曜日にUPした意味はなかった… 自分にがっかりです。。。

*******************************************************************
               (2)

直前のガミラス軍の攻撃で乗組員の多くが殉死した結果の措置――2階級特進までして、航海長を島が。戦術長を古代が拝命した。
ということは、現在のヤマト乗組員は基本未熟なメンバーでしかない。
その中で抜きんでているのが島であり、古代であるということは。

未熟な太田が、今回、初めてのワープに太田がビビッて腹痛――佐渡医師の診察で神経性胃炎――というのも、わかる。
だが、16万8千光年の旅である。。
当然島だけが操縦をするわけにはいかない。

(前世では一人でしてたみたいだが。
ワープのためのエネルギーを貯めるため。
連続ワープは体への負担が大きいため、ワープは数日に一度となるので、理論上、俺一人がワープ担当、というのも不可能ではない。
だが。
リスクの問題だ。
俺に万が一があったとき、どうするってんだ!
それに、俺は忙しいんだ!)

そう。今生の島にはミッションがあった――ユキをおとす、という。
そのミッションのため、島は第一にしなければならないことがある。
自分の仕事を減らす。
つまり、他に割り振れる人材を増やす。
当たり前のことだが、前世の俺はこれができなかった。
人を信じてなかったのか?
時間がなかったのか。
不確定要素が多く、不安だった。何もかもが。
だが、今の島派イスカンダルの旅が成功することを知っている。
であれば……
島は特訓を施すことにした。
もちろん、太田だけじゃない。まずは、林や小浜。そのあとは――

  * * *

「あ、また腹が……」
「太田さんは胃腸弱いですよね」
和気あいあい――航海科メンバーは総じて仲が良い。
だが、今は全員がライバルでいてもらう! 馴れ合い禁止だ!

「これから、課題を配る。
オフ時間が三人一緒ではないがオフに入る前に必ず課題クリアをすること」
「え?」
三人はきょとんと島を見る。
いや、そんなかわいい顔で俺を見ても、課題は減らせない。
気持ちはわかるけどな!
3交代とはいえ、勤務時間だけでは仕事は終わらずオフ時間に食い込むことが多いのだ。

「課題を早く終わらせればいいだけだ。
だいたい、これからの旅を考えたら悠長にしている時間はないんだ!」

ギロリと睨む。ひとにらみで太田撃沈。
太田よ…
お前、もう少し頑張れよ。
ああみえて頭の回転の早い奴なのだが、元来怠け者、のんびりしているのでプレッシャーを与えないと。
林や小浜は…… うん。頑張ってもらおうか

今から任務の林を除いた、太田・小浜はこれから課題をこなす。
終わらせないとオフに入れなくなると知って、二人は真剣に課題を見ている。
最初の質疑応答を終えた俺は食堂へ行く。
俺だって、この課題を作るのにメシ抜きだったんだ。メシ、食わせてくれーーー

   * * *

「今日のお勧めランチは… 銀河定食(洋風)。コレだな」
俺はパンが好きだ。古代は米(コメ)を食わないと力が出ないとか言ってたが。
航海科で力を必要とすることは、まぁナイから、その心配は不要だ。
戦術科は、一体何に力が必要なんだか。。

ふと食堂を見渡すと、そこにユキがいた。

今生の俺はチャンスを有効に使うオトコだ。
すかさず、ユキの横に陣取る。
ここがポイント。
普通、前に座ってしまうところだが、机を挟んで向かいでは、イザというとき手も足も出ない。(イザってどういうことか? ふふふ。もちろん、イザってことだよ)
これまでの旅で第一艦橋でともに仕事をし、主要メンバー会議でもユキの横をさりげなくキープしている俺だ。(このとき、反対隣りは古代だった。っち。邪魔だよなー。でも仕方ない。)
食堂で横に座っても、ユキも違和感なく受け入れてくれるだろう。
――実は初めてなんだが。
何度も言う。こんなチャンスは滅多にない。ここは攻撃的前進あるのみだ!

「やぁ、船務長。食事終わったんだね?」
「あ、島くん。ええ、さっき」

続き   ←Link まだつないでません
*******************************************************************

すみません。睡魔に負けた……

コメント

島君、Gogo…🎵

瑞喜さん、絶好調ですね❗️

さり気なくユキのサイドをキープするクロシマ…さすがです❗️

うん、古代くんはちょっと邪魔ですよ〜ねっ!?
古代くんファンにお叱りを受けそうですが、クロシマの積極性に免じてお許しを。
何せ2199での扱いはかなりだったのだから…

ところで、2199のクロシマにとってライバルになりそうな人物といえば、南部砲雷長とノラン・オシェット伍長ですが…ノランくんはヤマトに乗艦してないから現時点ではスルーしておいて、やはり南部でしょ🎵

航海班は仲良しだから早く子分を活用してユキちゃんの周りに波動防壁を張り巡らしてくださいね❗️

それにしてもこの物語長編小説になりそうですね。
どの時点で、ユキがクロシマになびくか(!?)…そうなるのか・ならないのかも含めて楽しみでっす❗️

では。

ありがとうございます!

v-254Sドクターさま
> うん、古代くんはちょっと邪魔ですよ〜ねっ!?
あははー☆ Sドクター、ソレ、言っちゃいましたね! 古代ファンを敵に回したー って今、ココに来てるのは島くんファン(多分…)だから大丈夫か。

> それにしてもこの物語長編小説になりそうですね。
うう… 思いつきで描いてるので、中身はヒジョーに薄いんですが。
瑞喜的2199総括の意味もありますので、気長にお付き合いくださいませ…

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)