1. 無料アクセス解析

島くん(3)END

やっちまったよ!
さっき、書きあげていったんUPした(と思う)お話を
消してしまった!!!!


自分でも馬鹿だと思う…

途中まで下書きしてたので
再度。

あああーーーあああーーーああ。
*************************************
前のお話 → (1)  (2)


島は、百合亜につれられ通信室横の控室――のようなところ入れられた。
その直後、百合亜は次のメンバーを案内するために部屋を出て、島、一人がそこにいた。

(自分が死んだ記憶がある。だが、今の自分の記憶もある)

島は、『今』の自分を思い返してみた。

西暦2199年、ヤマトは地球を旅立ち、イスカンダルへ向かう。
14万8千光年の彼方、大マゼラン星雲のイスカンダル星へコスモクリーナーDを受け取りに……

いや、違う。16万8千光年だ!
汚染浄化システムコスモリバースシステムの提供を受けにいくんだ!
しかし、1年以内に戻ってこないと地球が滅亡するという状況は変わらない…

俺は、もう一度人生を歩みなおしている。つまりタイムスリップ。
だが、この世界に『島大介』は俺一人。俺の中に俺が入って……
ああ! 考え始めると訳が分からなくなるが、要するに
俺はイスカンダルが本当に存在することも
ガミラス星の存在も(イスカンダルとの双子星ということも)知っている。
つまり、
未来で起こることが、わかっているんだ!

地球が汚染を除去できることも知っているし、さらにその先二度目の戦い、三度目の…

なんだ!? この記憶は――
地球はこれから星間戦争に巻き込まれていくのか!?
すると、イスカンダルからの帰還後、俺が死ぬまでの戦いは――
駄目だ。
なにか霞がかかったように、つかもうとするとするりと逃げていくように。
詳細が見えてこない。

俺はもう一度、自分の胸に手を当てた。
『ここ』に戻る直前に思いをはせた。

俺は、雪が好きだった。先に彼女を見つけたのは古代より先だ。
その気持ちが強く残っている、自分。
俺は、今、イスカンダルの旅の始まりに戻ってきた。
――これは、やり直していいということではないのか?

古代と彼女を取り合った時を思い出す。
あのとき、俺は自分の不安を優先させ、航海の安全を優先させ。。。
何もかも不安だった自分を思い出す。先が見えない不安で。だが打でもが不安だった。
だがそう。
このたびが成功することを、『俺』は知っているんだ!

だったら。俺が雪と恋仲になっても――いいんじゃないか??
親友(古代)ではなく。俺が。

以前古代が冗談めかして言っていた
『俺、一度雪を死なせてしまった』
アレは実際に起こったことなのだろうか。

西暦2199年。
今は、太陽系の端……
古代とユキはまだ決定的に『くっついて』はいない!

よし!

今度は俺がユキを恋人にする。
古代は一度ユキと幸せな人生(と言えるのか。 結果は俺は見れなかったが)を送ったんだ。
今度は俺がユキと幸せになってもいいだろう!?

 * * *

赤道祭で食堂は大賑わいだ。
島は、その中にそっと入る。

「あ、島さん、地球との交信どうでした?」今世の太田が俺を見つけると話しかけてきた。
「島さんとこはお母さんと弟君、でしたよね」今世の相原は太田といっしょにいた。
島の返事の前に、「ええーー」という声が後ろから聞こえた
「赤道祭は仮装って……」


島の決意を、誰も知らない…


続き → 閑話

*************************************************

コメント

No title

いや〜いいですよ🎵

どうなるんだろうと期待していたのですが、結びがいいな〜
先読みできる島はかっこいいだろうなあ🎵

ENDとありますが、是非是非続きを…

古代くんと雪ちゃんファンにとっては辛い試練ですが、古代くんには新たなる出会いが待っているんですね❗️

テレザートのテレサ…あの幽閉空間にて最初に彼女とコンタクトしたのは
島くんではなく、古代くんだったのですから…

それにしても、未来を知りし、島くんのアプローチ戦略楽しみです❗️
島くんファンの彼の方はすでにこの物語をお読みなのでしょうか?
何と言っても、島のディンギィルでの負傷後の時間を通信の際にパラレルさせるアイデア…文句無しに素敵です🎵

ありがとうございました、❗️

え~!?

瑞喜さんこれで終わりなんですか?
でしたらSドクターではありませんが私も続編を希望します。
優しい瑞喜さんの事ですから、きっと書いてくれますよね?
続編を楽しみにしています。

No title

くっっ……
こ、ここで終わり!?(笑)生殺しじゃないかあ!!
……続きを書いてくれたら、
私がマンガにしましょう……フフフ……

(なんか自分の首締めるようなこと言ったような)

コメントありがとうございます!

v-254Sドクターさま
いいんですか!? いいんですね。いっちゃいますよ~
うふふ。喜んでいただけて嬉しいデス。
『先読みできる島』ええ、かっこいいと思います。
でも、瑞喜がそのままかっこいい島くんにすると思われますか!?
ふっふっふ。 もちろん、OWARAI一直線なんですよ。
あ! 白状しちゃいました★ でも、かっこいい島くん(古代くんでも)無理、無理!
ヘタレな瑞喜には、無理~~~~(絶叫)

v-254ヤスヨさま
いやー、お気に召していただけて嬉しいですが、かっこいい島くんじゃないんですけど…
ドキドキ。つ、続き書いたら絶対に島くんファンに怒られちゃうから、かっこよい部分だけにしといたんですけどね…

v-254某Eさま
あ、某Eさま。 だってー。
ER○さんとこのブログで、『師匠』って呼ばれたから、なんか書かないと! って思って。もちろん、このままOWARAIになるんですけど… かっこいいところで切っとけばソレっぽいんですけどねー。

> ……続きを書いてくれたら、
> 私がマンガにしましょう……フフフ……
な、なんですと! みなさーーん、聞きました!? 奥さん、聞きましたよね!!!
もちろん、続き書きますよ! OWARAIに行こうと思ってましたけど、マジにも路線変更可能です!(できるんか!・ いや、ココはできると言っとこう、瑞喜。うんうん)

> (なんか自分の首締めるようなこと言ったような)
でへへへへーーー
くま30体の前に島くん祭、炸裂ですね♪(ホントですかー♪)

ちゅーことで、さっそく続き書きました。 でも、マジ路線に切り替えれるかなー。どきどき。

あ~終わっちゃった、、、

うふふふぅ。
面白かったですぅ。

でもでもね。

皆さま(>E×I様、瑞喜様)
是非、 【黒い島くん】を!!

……この場合の最大の敵は、
森雪本人、だと思われます(^_^)♪ がんばれー★

Re: あ~終わっちゃった、、、

v-254某あ。さま
ええーー!? 気に入っていただけてる!!?? 嬉しい悲鳴★
頭の中ではいろんなお話が渦巻いています。 でも夏の新刊しなくちゃいけないんですけどね。。
続き、書いているので、不定期連載いたしますね♪ →クロシマというシリーズ名とします(黒くする予定です、ええ、黒い島くん) 
>最大の敵・森雪 
オトコゴコロの敵?(笑)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)