1. 無料アクセス解析

LFJ2013 びわ湖 堪能しました

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」2013 びわ湖
LFJ2013びわ湖 公式顔出し(笑)

今年のGWの瑞喜的大イベント! でした(笑)

LFJ2013びわ湖逆光で見えないし(笑)
一緒に行ったのが合唱団所属なので一番行きたかったのが声楽のコンサート。
ですが、ソッコー売り切れだったので、しかたなく?
メインロビーで開催の無料コンサートに。
びわ湖ホール四大テノール(竹内直紀、二塚直紀、清水徹太郎、山本康寛)
 関西人に必要な『お笑い』とサービス精神。
 そして、力量或る歌声で私たちを魅了してくださいました!
 すごいなー。三大テノール(世界)に負けるともおと…
 ええ、負けてますね! 知名度は。
 でも、ローカルで愛されてるってすごいですよね。  ⇒チケット完売
 今度(2013年8月)、草津(滋賀県)で単独コンサートがあるそうです!
 草津… 遠いよ… 

LFJ2013びわ湖
外コンサートは中学生高校生による吹奏楽。
こちらも一生懸命でほほえまし!

アンヌ・ケフェレック(ピアノ)/ラムルー管弦楽団/フェイサル・カルイ(指揮)
時間: 17:45-18:45  会場: 大ホール
サティ(ドビュッシー編):ジムノペディ第3番(オーケストラ版)
ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
サン=サーンス:交響詩「死の舞踏」op.40
サン=サーンス:ピアノ協奏曲第2番 ト短調 op.22


サン=サーンスって『白鳥』しか知りませんでした。
アンヌ・ケフェレックさんのピアノの素晴らしかったこと』。。。
もちろん、その直前に聞いた、
イリーナ・メジューエワさんのピアノも、もちろん素晴らしかったのですが。
  ドビュッシー:アラベスク第1番/月の光 ほか
とにかく『サン=サーンス:ピアノ協奏曲第2番』ってこんなにすごいんだって
感動しました。


規模は東京に負けますが、びわ湖開催で自慢できるところがあります。

それは、日本一のびわ湖を見ながらまったりできること!
LFJ2013びわ湖びわ湖の景色
当日はよいお天気だったので、ワイン飲んで(へべれけにはなってませんよ!)
いー気分になった瑞喜ちゃん(と友人K)は
びわ湖の爽やかな風とぽかぽか陽気に誘われて… お昼寝★
いや、演奏会まで間があったので。しっかり寝とかないと!

あまりにも気持ちが良かったので、
次回はビニールシートを持参することに決めました!
そして、ワインをじっくりいただいてのんびりするんだー♪

いえ、あくまでも演奏会の合間に… ですよ!

コメント

No title

こんばんは。
瑞喜さん、バレエは御存知?
「白鳥」はバレエで「瀕死の白鳥」という有名な演目です。
テクニックではなく、感情表現の踊りです。

「牧神の午後への前奏曲」は、モダンバレエ「牧神の午後」ですね。
あまり見たこと無いですよね?

ここまでバレエ関係があったら、「ボレロ」か、やって欲しかったかも・・・・

青い空の元、ワインを飲んで、ちょっとお昼寝なんて、贅沢な時間ですね。
いつも頑張っている、瑞喜さんに御褒美なんですよ!
お写真を見て、気持ちよさそうな所で、GWを満喫された事がうかがえますね。

No title

瑞喜ねーさん、琵琶湖に「しゅららぼん」はでませんでしたか!?(笑)

世は満足♪でござる

v-254さくらさま
バレエ! 大好きです。 瀕死の白鳥は見たことあるけど、辛気臭い話(おい!\(◎o◎)/)いえ、感情重視なので、あまり好きではない ⇒海賊とかそういう単純なのがすき!です~。
牧神の午後 は、モダンなので見たことないです。 そうか。バレエつながりの演目だったのね
ボレロ は、いいですよねー(音楽もダンスも) うん、聞きたいー!
ええ、外でごはん食べてワイン飲んで… のんびりしましたヨ。 あー。しばらく祝日がないですね… つらいです…

v-254ポトスさま
> 琵琶湖に「しゅららぼん」
残念ながら会えなかったよ(笑)
たぶん、琵琶湖の北側にある『竹生島(ちくぶじま)』にしゅららぼんはいると思う。舞台がそこだから… こういやこの間、行ったわ⇒竹生島。 ふふふ。そのうちblogにUPするよ。お楽しみに~

びわ湖! LFJ いいな♪

瑞喜ちゃん びわ湖LFJ報告、ありがとう♪

実は、発祥の地のナントはね、規模的には、そちらや金沢と同じくらいなんじゃないかな。本来は、市と共同でホールを中心に祭のように盛り上がる感じです。ナントよりびわ湖の方が、景色的に圧倒的に勝ってるよねー。

ワインを飲みながら昼ね、、、いいすねぇ。

東京は死ぬほどボレロが演奏されました。アマチュア参加の演奏もあったので、もちろん演奏もしました。
合唱のチケットが取れなかったのは残念でしたね。プーランクとかグレゴリオ聖歌とか、本当に素晴らしかったですよ。

「白鳥」といえば、「動物の謝肉祭」の中の1曲ですが、これ、全部やると本当に動物園みたいで、楽器の特徴も出ていて面白いです。コントラバスソロの「ぞうさん」は、アマチュアバス弾きでも弾けるので面白いし。。。サン=サーンスというのは結構、天才的なアイデアを持った作曲家だったのですよん♪ 楽しめてよかったですねー。

私も三日間、、、仕事とはいえ、(いや辛かったですが)楽しみました。はい。来年もお天気だといいですねぇ。

はい! 楽しかったです

v-254綾乃さま
> 実は、発祥の地のナントはね、規模的には、そちらや金沢と同じくらい
東京のLFJの方がコンサートの数も違うし、集客力も段違いだし! と思ってたのですが。本家本元の方はむしろびわ湖規模とは… 確かにハートは熱かったです! びわ湖も!

> ワインを飲みながら昼ね、、、いいすねぇ。
お仕事だと、こうはいきませんものね。お疲れ様です! 瑞喜たち、お勧めワインを2杯も飲んじゃった♪(←3杯目はさすがに自粛。でも、お昼寝したし って、何の言い訳なんだか…)
びわ湖の風は潮の香りもなく、爽やか~でしたよ!

> 東京は死ぬほどボレロが演奏されました
ボレロ! いいな、ボレロ!! こちらは、サティかな? いろんなのを演奏されてました

LFJを支えていた皆さま、お疲れ様でした! 来年も楽しみにしています♪

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)