1. 無料アクセス解析

第五章 (5)もう一つの反乱

瑞喜んblogを除いてくださるほどの方々は
きっと、第五章のPVを見てくださっているハズ。

PVで、
「デスラー総統が暗殺されたー」とどこぞの誰かが叫んでおります。

先日は、ヤマト側の反乱を書きましたが。
今回は、もう一つの反乱… 暗殺!?を。

ネタバレですので、「続く」から



あ、皆さまのスクロールの合間に

ちょっとCM

 星花繚乱のオフ活動~

   詳しくは ⇒ Blog内記事「ご報告・オフ活動~(イベント参加に委託します)!

  そして、GW後半の5月4日!
  megarさんが東京出展 詳細は⇒FreeSentences(megarさまblog)






***************************************

第5章のBD、見直してないので、記憶違いだったら…
後で書きなおします  (きっぱり!)

で、ガミラス側の反乱。
いきなり感があります。
不満分子ってゼーリックのこと?
私はてっきり、収容所惑星に送られていた人たちのことしか頭になかったよ。
ゼーリック。暗殺計画するほど内部に力をもってたんかいなー。
 ディッツ提督とかとは、一線を惹かれていたんだけど。
デスラー総統は、フラーケンの次元潜航艦を呼び寄せてたので
なんか暗殺計画の話が出てたのかしら?
 あとで見直そうっと。

とにかく、デスラー総統の暗殺は失敗して思わぬ?伏兵に殺されちゃう、ゼーリックさん。

ヤマトの反乱も簡単に収まるけど、ガミラス側も簡単すぎる・・・

惑星ひとつ殲滅させたり(じゃ、地球はどうして殲滅させないの?)
広がる戦線の一つ(ドメルのヤマト包囲網)を失敗させてまで必要なの? と。
とにかく首尾一貫差がない…

ま、暗殺計画は置いといて。
で、軍事法廷まで連れ出された、ドメルの運命は?
 ⇒デスラー総統の暗殺計画に加担してないことは証明されたけど
  嫁が反乱分子になって収容所惑星に連行されているし
ディッツ提督はどうなる? メルダさんは!?


伏線を整理すると(デスラー総統暗殺計画よりよっぽど伏線の数が多い…)
・ガミラスは身分制度がある
 ガミラス臣民 と それ以外(属国従国隷国、いや星か)がある
・辺境星辺りでは反乱が頻発
・ガミラス本星から収容所に送られる便(定期?)がある
・不満は表面化してきた

さて、収容所惑星――
次の舞台はソコのようです!
エリーサさんは、そこに連行されているようです。
ドメル司令は、エリーサさんの命乞いのため、ヤマト撃破に向かうと思われます。
(暗殺の汚名は返上されたけど、嫁=エリーサさんがガミラス本星で
 反乱活動の指揮をしていたことは、覆せないものね!)

ところで、「イスカンダルのスターシャ」
地球へのメッセージとユキの持っていたDSもどきの通信保存装置でしか
その姿が表れておりません。

デスラー総統の星間ホットラインの相手先がスターシャさんっぽかっただけで
そのお姿もお声も。 まーったく『生』は出てないんですよ。
 デスラー総統は『ホットライン』での会話でイスカンダル星を見上げておりましたが

ちょっと。待ってください。
ガミラスとイスカンダルが二重惑星でありことは
オリジナルファンいえ、ヤマトを少しでも見たことがある人には自明の理。
ですが、それも今回どうなってるんでしょうか?

ガミラス本星がヤマトに攻撃されて死の惑星になることはないはず。
だって、何万という市民が生活し、子供が遊んでいる描写がありましたから。

なんども言いますが。(何度も言ってたっけ? ま、いいか。)
収容所惑星に、守にーさんがいてほしいんですよ。
そして、スターシャさん。謎のスターシャ女王とのラブを!

ホント、キャラの掘り下げ。伏線をうまく使いきれてない、カントク  ←超失礼な物言い
そこんところ、よろしくお願いしますよ、
ほんとに。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はい!満喫中(今日は一日寝てました自慢!?)

v-254秘密の方さま
そうですよね。いったい反乱の要素ってなんだったんだろう… と。
え!? ゲール君の虜!? 驚愕(゜o゜) マニアックな(笑)

そして、この反乱には深い意味がある 主にガ側にですと!?
こ、これは… ああ、守にーさんに煩悩している場合じゃなかったんですね。
残り8話。どう転ぶんでしょうか。 うう。楽しみです~

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)