1. 無料アクセス解析

ひびきの街スペシャルコンサート

大阪には、厚生年金会館というコンサートホールがありました。
1968年に作られて、ちょっと小ぶりなコンサートホールとして活躍していたのですが、はい。過去形。取り壊されたんですよ。

で、この跡地に新たに
オリックス劇場とタワーマンションを建設して
「大阪ひびきの街」と命名。
 ⇒大阪の音楽文化の新たな活性化を願って、ということらしい。

そのスペシャルコンサートが7月29日に実施され
運よく無料チケット(1000組2000名)をGETできたので行ってきました!

実は同時に当日の楽団員というのが300名募集されて…
自前の楽器持参で ⇒カスタネットでもピアニカでも!
公開されている楽譜を練習して当日集まる…
 ⇒こっちの方がおもしろかったか!?

しかし、本日の気温・摂氏36度。猛暑日。
 大阪の猛暑は湿気を伴うゲロ熱い…

久石氏の指揮で
オリックス劇場の内部では日本センチュリー交響楽団が
劇場前の講演では、応募された1日楽団が(指揮がスクリーンに投影されている…ようです)
演奏したそうな。(内部にいる我々は音が聞こえないんですけどね)

なんか、感動的です!
この模様は、7月下旬でCM放送されるときに使うそうです。
(無料ご招待もCMで使う旨了承のサインをして、チケットと引き換え。
 だから瑞喜もCMに出ている可能性… は、まずありません)
きっと、関西限定でしょうけど。

ご興味の方は「大阪ひびきの街 スペシャルコンサート」で検索すると概要がHITします。

当日演奏された曲は、以下。 続きより…



********************************************
15:00開演
《第一部》箕面自由学院高等学校 吹奏楽部
 ■和田 信作曲 行進曲「希望」
 ■R.シュトラウス 作曲「アルプス交響曲」より
 ■高島 俊夫編曲「シャンソン・メドレー」

25分休憩

《第二部》久石 譲指揮 ニホンセンチュリー交響楽団
 ■久石 譲作曲 大阪ひびきの街オリジナルテーマ曲久石 譲「Overture~序曲」
 ■R.ワーグナー作曲 タンホイザー 序曲
 ■O.レスピーギ作曲 交響詩「ローマの松」第1部~第4部
 ■久石 譲作曲
  ・千と千尋の神隠し ~久石 譲氏によるピアノ弾き振り
  ・Symphonic Variation "Merry-go-round"(ハウルの動く城 より)
 アンコール
  「Overture~序曲」
 17:20終演

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)