1. 無料アクセス解析

今日、耳、日曜

死語の世界~

同期のTの話。

会社で楽しく若い子(25歳前後)と楽しく会話♪
Aくん   「Tさん、でね。これやってくださいよ~」
同期のT 「今日、耳、日曜~」


T「って、やっちゃったんよ」
瑞喜「それはキツイわ。で、相手の反応は?」
T「いや、もちろん恥ずかしいから、リアクションは待たず話題転換よ」

さすが、世慣れたマダム・T
とっさの行動もバッチリね♪

しかし。久々に聞いた言葉でした。

瑞喜ですか? 
もちろん、当時、使っていました!!
でも、Tからその話を聞くまで
そんな言葉もすっかり忘れていましたヨ

でも、記憶の地殻変動が起こりました。
これからは、絶対に自分が使わないように注意しないと…

で、どれくらいの人がご存知なのでしょうか??

使用例は上記のように、相手の言ったことを聞きたくないときに使います。

今週も更新がない…

すみません! 
今週も更新がないサイトの運営者・瑞喜です。

家の片付け。も
服の入れ替え。も
サイトのためのあれこれ。も
果ては ブログの更新。
もちろん、
ヤマトサイト様への夜回りも完全自粛★
(ねーさまたちのブログとかを回るのは… 辞めれませんでした…)

それもこれもネット講習を
「4/27」締め切り──を、受講していたからです!

瑞喜は
「申し込んだものはかならずやります!」
(白紙で提出はしません。とにかく何か目を通します)

これは、単にドケチだからです。

ジムに通っていた頃、
仕事がどんなに忙しくって、土曜出勤が続いたとしても…
「3回/月」は行ってました!
 理由:ビジター料金×3回>瑞喜の支払っていた月謝>ビジター料金×2回

ジムに行くからには、レッスンにもきちんと参加し
最低40分は継続して泳ぎ続けましたとも!!
  ゆっくり平泳ぎ →クロールが下手なので…
             美しいクロールに憧れております♪

とりあえず、今日は早めに就寝します。
明日は、朝30分早く出勤する(予定)
理由は… 金曜日中に終わらなかった
『月曜日提出の資料』があるから、です。
  →月曜日の午前中でいいですよね??

ああ! 仕事までぎりぎりとは… とほほ

友人たちと盛り上がる!

瑞喜は絵画を習っております。
下手の横好きですが…
会が教室にいるので
ソコのメンバーとねんに一度の作品展を行って
昨年でもう、7回目…
メンバーは開始当初から見ると半分になって…
今年開催するかどうか…

話は変わって
友人のうち2人は、合唱団に入っている。
これまた、5年くらい習っている。
年に2度のコンサートも開催し
それなりに楽しんでいる。

さて、先日。
ひさびさに3人で集まって話が弾み…
どこかを借りてミニコンサート兼絵画展をできれば…
という話になりました。

ほかに、セミプロで御菓子を作っている友人もいる。
こやつにケーキとかクッキーをオーダーして
コラボできたら楽しいだろうね~

夢は膨らむ♪

・・・ 実際にはできないだろうけど。

奈良・吉野山 (5)名所編

奈良  吉野 TOP⇒ 最初のページ  
******************

ようやく、名所です(笑)
今回は、人が多かったのであまり写真を撮っていないのと
途中からハイキングコースに抜けたので
世界遺産の撮影を全てしていないので… 
吉野の魅力は、こんなもんではない!
是非、行きましょう~

吉野地図


①吉水神社  下千本の辺り
入ってすぐ右手からは吉野の絶景・『一目千本(ひとめせんぼん)』
ここだけではなく、どこから眺めても『一目千本』なんですが、
『文字』として『一目千本』と、書かれているのはここだけ。
でも、美しい看板ではないところがナチュラルな吉野らしい…
一目千本 貧乏臭い!
一目千本 うーむ。一幅の絵!

吉野は源義経の流れた先。弁慶関連のブツ
『弁慶力釘』 弁慶が打ち込んだ釘 と書かれていますが…
どこに釘? あ、よく見たら、確かに石に『釘の頭』が出てました。
吉水神社 弁慶力釘 看板
吉水神社 弁慶力釘 クギのアップ…ホントに弁慶?


②花矢倉  中千本~上千本の辺り。
上記①吉水神社より1時間奥なので人も少ない(比較的)
吉野全山の桜が見渡せる絶好のビューポイント♪
ランチはここで決まりです♪ 
花矢倉。絶景かな、絶景~


③水分神社 上千本あたり
子宝の神様らしい。 上記②花矢倉よりさらに奥。
この奥一時間歩くと世界遺産金峰神社。
なんたって、無料の拝観料が魅力♪
苔むして、撮影するのも楽しい
水分と書いて『みくまり』と読みます

内部はコの字型になっており…
内部もまた綺麗! でも人も多い!!

とにかく綺麗でした。人も多いですけど。
すっきりとした撮影はできませんが、どう切り取っても綺麗♪
枝垂桜はまだつぼみ硬し…4月19日開花?

鳥居にも枝垂桜。中も枝垂桜。ええ、満開だったらさぞ美しいでしょうけど…
見ごろは4月下旬でしょうか?


関連日記
      奈良  吉野 (1)行き方 、  (2)食編 、  (3)歩き方 、  
               (4)実際に歩く(5)名所編

続きを読む »

奈良・吉野山(4)実際に歩く

吉野山にて撮影した地図に、
今回のご紹介ルートをマークした地図です。
今回ご紹介のコース用map(吉野山にて撮影の地図)


ええ。皆様がいつ来られても大丈夫なように、
下調べに行ってきました!!(笑)
上記地図内の、右下青い字で「近鉄吉野駅」と記載されているところを起点に
紺色 BUSで移動 一気に中千本公演まで(バスで15分)
以後、赤紫色ルートにて徒歩移動
②上千本の「吉野水分(みくまり)神社」に詣で
③花矢倉でお弁当を広げ
④吉水神社を経て
⑤近鉄吉野駅 へ戻る コース

総時間:4時間半(ランチ1時間含む)コースです。
そんなに一生懸命歩きません。人混みを避けて
ハイキングコースに途中抜けていきました。
時間があれば、もっと奥に行きたかったくらい…

実は、瑞喜。20年ほど前(!!)に
桜の季節にはかならず、吉野に行ってたんです。
西行庵まで行きましたし
吉野で宿泊したことも(残念ながらっ普通の民宿です)。
でも、今回、久々に行きましたが、とにかく人が多い!
やはり、世界遺産になったからでしょうか?
でも、もう一度西行庵に行きたいな。
また、計画を立てようっと。

桜のアップ

↑桜。ソメイヨシノ?
桜 ソメイヨシノではない…多分

↑ソメイヨシノではない。花びら枚数多し
枝垂桜。八重。ピンクが濃い

↑しだれ桜の八重。ピンクが濃くてかわいい♪

吉野の風景

↑普通の吉野の風景。当たり前(?)ですが、景色を映せば、桜。
中千本公園(多分)

↑朝の中千本公園(多分)。まだ人は少ない…

明日は、吉野の見どころのご紹介です(やっと!?)

続きを読む »

奈良・吉野山 (3)歩き方

皆様を4月の吉野にご案内する、ためのシュミレーション。
昨日までに、吉野散策における基本情報
(1)行き方
(2)食編 と、紹介いたしました。

3日目 いよいよ、吉野山に登りましょう♪(桜はちらりと出ます)

吉野駅 2008/4/12(土曜) 午前9時30分ころの吉野駅。既に大混雑
吉野駅は大混雑

さすがシーズン中の吉野の週末。特急は満席で急行を利用。
最終的にはラッシュ並みの大混雑の車内となりました。
TV局の取材もあり、ヘリも論で入るし。さすが、吉野!

いよいよ、吉野山に登りましょう。

バス、ケーブル、徒歩。
いずれの方法で山に登りますか?

下千本が見ごろであれば、
 ケーブルをお勧めします。
   ケーブルから山頂まで。約3分。
   眼下に広がる七曲の桜を愛でつつ楽々で山頂まで。

 徒歩もいいですね。
  七曲の桜を愛でながら、ゆっくりと坂道を登ります。
  たいした距離ではありませんが、
  『七曲り』の名前に恥ずかしくない、急勾配です。(一気に標高100mくらいを登る)
  上がりきったらケーブルの山頂駅です。

ケーブルの山頂駅から吉水神社あたりまでが、非常に混雑する界隈。
左右のお店をのぞきながら世界遺産の神社を堪能しましょう!
(しかし、残念ながら写真はありません。理由は…今回歩けなかったからです)

中千本・上千本が見ごろであれば、
 バスで一気に中千本公園まで行きましょう。
 このルートのバスはピストン輸送されますので、並んでもたいした時間はかかりません。
 バスに揺られて15分。この間も左右の窓から見れる桜にココロを奪われてください。
 三脚を持った撮影の方々もいらっしゃいます。
 谷から見上げる桜も風流どす。
 もちろん、ケーブルでも中千本までは、十分にいけます。

中千本公園の降車場所。
中千本公園 バス停。ここの桜も超綺麗


奥千本が見ごろであれば、ルートは2つ。
 1.中千本からさらにマイクロバスに乗車。15分
 2.徒歩。 バスで15分を1時間以上かけて歩かないといけないので
  お手軽コースにはお勧めできません。

しかし、奥千本へのバス。
中千本でバスを降車五、山側の階段を登った先に奥千本へのバス停があります。
したいところですが、階段急で前の人を無理に追い越したり出来ません。
ゆっくりと階段を上がるとそのまま正面に見えるのは…
中千本バス停2


長蛇の列!(角を曲がってもまだ続いている…)
奥千本までのバスは、マイクロバスなので、人の多さに耐えられない★
マイクロバスである理由は、道幅が狭い(1車線しかない)
奥千本まで行くときは、もっと早い電車がよいでしょうね(7:10が特急の始発です)
奥千本行きバス停


今日はここまで。
いつになったら、桜をアップできるのでしょうか…
明日こそ!あすこそ、吉野の桜の風景を!

続きを読む »

奈良・吉野山 (2)食編

(昨日の続き)

食料の確認です。
吉野山に行くのでしたら、桜を愛でつつ、
屋外でお弁当を食べたいですね。
絶景の桜は最大のおかず。楽しみです♪
天王寺駅を10時過ぎに出発するなら
 近鉄百貨店で、デパ地下の美味しいお弁当が購入できます。
ですが、現地で特産品を食べたい。ですよね。

吉野といえば『柿の葉寿司』
  京阪神のデパートや高速のサービスエリアでもよく並んでいます。
  (たなか、ヤマトが量販店で有名。5個入り500円~ )
柿の葉寿司って、どんなのかというと、鯖(鮭もあるらしい)のお寿司を柿の葉でくるんである。
関西の押し寿司(寿司飯と具(鯖)を箱に入れて押さえた寿司)です。
  『鯖寿司』は長い箱に入れて押さえた後、スライス。
  (大阪名物の押し寿司=箱寿司は他にもいろいろ。一つ毎に作成するお寿司もあります)
おいしいところは、すぐ売り切れになるので早めに購入しておきましょう!
柿の葉寿司は『保存食』として発展してきたので、
多少の持ち運びは大丈夫ですよ(きっと)

もうひとつ。吉野で是非、食べていただきたいものがあります。
『吉野葛』
葛湯、葛餅、葛饅頭、葛きり(お鍋に入れるアレ)…
味というほどのものもなく「ぷるっとした食感」を楽しむもの
(だと、瑞喜は思っております)
この『葛』も販売しております、吉野で。
当然ホンモノの吉野葛だと非常に高価。
150g 1000円…はしませんが、900円前後。
これが、「でんぷん」を混ぜると価格は一気にお安くなりますが。
ニセモノ注意!です。

食関連でもうひとつ抑えておきたいものが吉野にはあります。
陀羅尼助!(だらにすけ)
奈良。吉野の陀羅尼助、看板

役行者(役小角:えんのおづぬ)が作ったといわれている胃のお薬。
吉野の陀羅尼助丸は、3本足の蛙が特徴です。
三本足の蛙は商標登録

(正露丸のように、慣用の薬の名前で一社だけで使用できないようです。
商標登録ではいろいろ。我が家にあるのは、こちらの陀羅尼助です♪)
特有のにおいがあるのは和漢薬だから。
キハダ、センブリ… 修験道者が山で収集した薬草で作るのでしょうね。
1個直径5mmくらいの黒い丸薬。1回にたくさんの飲みます。
子供の頃、手に匂いがつくのが嫌でしたので、必要分薬びんから出すのが大変。
でも、いまや、1回分を個別にしてあったり
専用のスプーン付(さじ部分に穴が開いて、掬うと必要分だけ穴に収まる)だったりで
数を数えなくていいので便利♪

あ、今日も桜に到着しなかった★
おいおい、吉野の案内なのに…

続きを読む »

奈良・吉野山 (1)行き方

もし、皆様が4月に関西に訪問になり
「吉野の桜が見たいの」と
瑞喜にリクエストされた場合に備え
そのシュミレーションをしてみました。

下千本、中千本、上千本、奥千本。
4月であれば、ほぼいついってもどこかの桜が咲いている吉野。
今年(2008年)は4月12日現在、中千本が見ごろ。
(来週末は上千本が見ごろでしょう)

まずは、
吉野山の桜を見る足を確保しましょう
吉野へは、近鉄電車が便利。
天王寺発→吉野駅終着
乗車券:950円、特急券:500円。(2008/4/11現在)

『特急』は1時間15分。1時間に2本、走ります。
もし、特急の座席が取得できなくても(100シートくらいしかない)、
特急料金(500円)を払えば、特急に乗車できます。
ただ、立ち続けないといけないですけど…(自由席がないので)

『急行』だと1時間30分ほど。(一時間に2本)
特急券が不要なので、乗車券(950円♪)だけでOKだし
こちらは座席指定がないので
(逆に)始発駅で並んでおれば、いつか座れる…

多分、4月の週末は『快速急行』が増発されます。
『急行』より時間がかかりますのでご注意ください。
(増発するかどうかは直前に決まるので
 時刻表にも記載されておりません)

とにかく、この時期の吉野は混雑します。
往復のチケットはあらかじめ入手しておくことが重要です。
吉野駅で購入するより、乗車駅で往復で購入する方がよいですね。

関西スルっとカードやIcoka(SUICAの関西版)では
入場できても、吉野駅では、改札を通れません。
PITAPAは大丈夫です。
わからない人は、あくまでも乗車券を購入されておくのがよいです!

さて、ようやく現地に向かいましょう。
あ、そうそう。トイレのことを。
トイレ自体はすごく美しいので、安心ですが…
人がすごいので、とにかくトイレは並びます!
吉野駅降車後、左側に急いでください。
新しく綺麗なトイレですが、人数が多いので並ぶこと、並ぶこと… 
(吉野山に登っても常に混雑していますので、しかたないですね)

まだ、吉野の桜まで到達していませんが、今日はこの辺で…


関連日記
      奈良  吉野 (1)行き方 、  (2)食編 、  (3)歩き方 、  
               (4)実際に歩く(5)名所編

関フィル コミュニティーコンサート

モーツァルト 
フルート4重奏曲第1番 ニ長調 k.285
  Fl:沼田陽一
  Vn:ギオルギ・バブアゼ
  Va:ステファン・ポポフ
  Vc:大町剛

プーランク
ホルン、トランペット、トロンボーンのためのソナタ
  Hr:松田信洋
  Tp:白水大介
  Tb:石川義治 

ハイドン 
交響曲第92番 ト長調 Hob.I-92「オックスフォード」
指揮:藤岡幸夫
演奏:関西フィルハーモニー管弦楽団


友人が手配してくれました。
お値段もお手ごろ=1500円!
場所は、弁天町のオークホール(関フィルの練習場)
200名(いや、100名か?)くらいしか入らない
小さなホールでの演奏会。
とても身近に演奏者がいるので
音の一つ一つがよく聞こえ、
演奏時の表情がよく見えました。
(酔いしれる人、冷静に楽譜を見る人… さまざま)
曲の合間に、演奏者の演奏の感想や、
指揮者による曲の説明もあって、とってもわかりやすいし親しみやすい!

そして、
交響曲では、新しいコンサート・マスターの岩谷祐之氏を
アンサンブルでも、現コンサート・マスターのギオルギ・バブアゼ氏を
堪能できるという素晴らしさ♪

アンサンブル(室内楽っていうんですね)って
すごくいいかも…
プーランクは難しいというか、聞きなれていないというか…
よくわからなかったのですが
モーツァルトは、よく聞く曲なので、とても楽しめました。
さらに、
私、ヴィオラの音がすごく好き… ということがわかりました。
(聞き始めると癖になるというか、とても耳に心地よいのです♪)

個別の音を聞き別れる、アンサンブルって
新しい魅力を発見するのに、すごくよいですね。(と、素人は思いました)

次回のコミュニティー・コンサートは5/6だそうです。
私は出勤かもしれないので、チケット購入を諦めましたが
友人は、続けていくそうです。

詳しくは、関西フィルのホームページで。

おまけ。
サッチーのサイン(コピーです。笑)入りパンフです
サイン

理想のダーリン2

会社の女の子のお話。
このお嬢さん。とてもかわいい。 
日本テレビのアナウンサーの西尾さん(ズームイン!朝のメイン司会者)に似ている(瑞喜評)
ちいさくって可憐で。素直で。

でも、彼がいない。
結婚願望が強く、「彼氏募集中でーす」という。
あ、年は30未満。お年頃~♪

ということで、瑞喜紹介のボーイと合コン。
男前(瑞喜評)で気が利く、仕事もそこそこ。
「次の約束した?」
「しません」

うーん。気に入らなかったのか。
ということで、次の合コンを設定。
今度は、大きい会社の社員。頭はむちゃよい。

「どうだった?」
「うーん…。私メンクイです」
オトコは顔じゃないよ!(マッサージ力だよ、とは言わなかったけど…)

ツテを使って(瑞喜と友人が)既に開催した合コンは
この2年で、8回(!)。
でも、どれも彼女のお眼鏡にかなう人は現れなかった…

「きっと、彼女。いつの間にか私たちの仲間入りよ」

いい娘なんだけどねー。
理想が高すぎというか、なんというか…

素直ないい娘なんだけど。
と話してたら、合コンで断わられたボーイが
「え? 素直ですって??」

私たち(年上のおねーさま)には、見せていない顔があるらしい。
(当たり前か)

仕事もダーリンも。
落としどころを誤ると、駄目ですぜ。
(合コンもお見合いも、何度もするとよくない(瑞喜談)から
 決めるならさっさと決めないと…)


若い妹たちに、こんこんと説教をしたい瑞喜であった。

★ちなみに、合コン。瑞喜は参加しておりません。
 こういう会で若造どもと飲んでも、気を使うし、お金も使うし…

続きを読む »

桜日和

週末。
関西では桜が見ごろを迎えました。
通年より1週間、遅い桜です。(瑞喜、比です)

大阪で有名な桜の名所の一つ。
その名も「桜ノ宮」
JR環状線(東京で言う、山手線)の駅で下車。
淀川の河川敷を桜の木々が埋めている
桜ノ宮のさくら ←川辺の桜♪


友人と桜を愛でにお散歩。
同じように考える人は多く、ものすごい人!でした。
桜ノ宮のさくら2


天気もよく。はらはらと桜舞い散るなか。
1時間ほどあるくと、天満橋に到着します。

「東京の桜は白っぽいけど、関西の桜はピンクです!」
と、東京在住の人に言われたのですが…

そうですか。ピンクですか?
ご近所さくらアップ ←近所のさくら

そういえば、ガクの部分のピンクが濃いかもしれません。
花びら自体は、ほんのりピンク。桜色。

桜ってほんとうに、いいですね。

そうそう。関西で 一つ有名な桜といえば、
「造幣局の通り抜け」
こちらは、八重桜なので、もう少し時期は遅く、4月末です。

夜間ライトアップもあるので、とても美しい。
有名な奈良の吉野山の桜は、前千本、中千本、奥千本と、時期がずれるので
関西での桜。
まだまだ、楽しめます。

理想のダーリン

同期の友人oがいきなり
「シェフと結婚したい」と言い出した。

友人oは、掃除は大好きだが、料理は全くしない。
きゅうりをスライスが最高の料理。
自宅の台所では、「お湯」以外沸かさないので
台所もぴかぴか。

料理をした台所の掃除をしたこともないのに
大きな声で「掃除が好き」というのは、どうかと思うと
一応意見はしておきました。
でも、『捨てることが出来る』ので、その点はすごい…
しかし、子供もいないので、
とっさにいろんなものを出さないといけない状況にも陥らないので、
余り偉そうなことは言わないように

と、意見はしております。はい。

そんな彼女がシェフと結婚したいと思うのは自明の理か…

「でも、シェフは自宅で料理はつくらないって聞いたよ?」
外で、人のために料理はしても
自宅で、家族のために料理はしない。

友人oは、ため息をついた…

最近、腰痛・肩こりがひどく、整体に通うようになった瑞喜。
今まで、吐き気や頭痛がするほど肩こりが酷くても
なかなか、クイックマッサージにいかなかったのだが…
腰痛が激痛となり、歩くだけで痛むようになり
しかたなく針灸のある整体に行くことに。
 ←診療所等に通えない理由は、通える時間に平日は帰宅できないのと
  土日は出勤もしくは、家で寝ている、遊びに行くのいずれかで
  病院にいく時間はなかったため。


保険はきかないのだけど、肩首のマッサージもしていただいたいるのだが…
これが、非常に気持ちがよいことがわかった。
今までの我慢がバカらしくなってしまうほど…

最近は遊びに行く前に予約しております。

で、思ったのが
マッサージの出来る人と結婚したい…

先述の友人oに
「そういう人は、逆に肩が凝るから、
家に帰ったら家族にマッサージしてもらっているよ。
つまり、私のシェフと一緒!」

理想のダーリンっていないんですね・・・

オペラ『蝶々夫人』を見てきました(2)

昨日は、ストーリー紹介(瑞喜解釈)だけで終わってしまいました。
やはり、報告も書くのが楽しい♪(主観に満ちております)

オペラって演出次第で印象が変わります。
日本人にとって受け入れやすいように、演出を変えているのかもしれませんね…
(瑞喜の斜めな解釈も入っているのでしょうけど…)

今回の舞台は、
中央に桜の木(満開! 散る花びらの美しいこと)と日本家屋を、
回転させて、内と外を見せるという趣向。
同じ舞台のほかのオペラでは、なかった手法で
まるで歌舞伎のようでした!

障子に蝶々さんをシルエットで映し出したり、
薄いシフォンのようなケープを白無垢の花嫁衣裳に見立てて
光の演出でとても印象的で美しい舞台になってました。

友人と「今迄で見たなかで、一番綺麗な(オペラの)舞台」と思うのは
やはり、日本人が大好きな桜を全面に出しているからでしょう~
舞台小物一つ一つが(近くでみたらちゃちいかもしれませんが)
日本的で情緒豊か。
演出家は 栗山昌良氏。 
うーむ。演出家の名前も抑えておかないといけないのね。
(新演出、って衣装もセットもお金をかけていない感じで
 私はあまり好きではないです。
 まだまだ、オペラ初心者なので、『新』をつかない演出を見たいです~)

さて、歌!演奏!!

第1幕の二人の愛を奏でる甘い二重奏…
寝てしまいました!
だって、「キミは、蝶の様にかれんで、可愛くて…(云々)…」
かー、聞いてられんね!! ←おっさん。情緒性なし…

第2幕初っ端の 「ある晴れた日に」
美しい旋律でした。 
この歌詞の切なさは、『信じて待つ』という純真な蝶々さんの気持ち。
他人になんといわれても、妻だから信じて待つといいながら
心のどこかで、『もしかしたら…』という気持ちもあったはず。
それを隠して希望を歌う蝶々さんの切なさが哀れ…

他のオペラは、主役の歌が中心で他の人の歌って少ないと思うのですが
主役=蝶々さん(ソプラノ)、ピンカートン(テノール)だけでなく
脇役たち=スズキ(蝶々さんの女中)、領事(ピンカートンの友人)の歌も印象的。

さて、最後に。
プッチーニの思う日本文化で笑ったこと。
・蝶々さん →ciocio(チオチオ)と読む
・イザナミ、イザナギ  →神様の代名詞
・猿田彦 →日本の宗教
・天照大御神(あまてらすおおみかみ)
    →テンショダイゴシン? 音読みに歌っていた
・蝶々さんの叔父さんは坊さま 名前が「ボンズ」
・その叔父さんは、「猿田彦」の坊様
 (猿田彦が神様だったら、坊主ではなく「神主」では?
  猿田彦神はあるけど、日本では一般的ではないよねー)
・坊主の叔父さんの装束は堂見ても修験者(ほら貝が似合うアレです)

きっと着物の着付けなんか、日本だから正しくできたけど
外国だったら、ぜったいに『着物』ではなく
『バスローブ』みたいな衣装になるんでしょうかね?
そのほうが歌いやすいだろうケド…

とにかく、今回も楽しませていただいたことは、確実!

見やすい舞台、取りやすいチケット。
兵庫県立芸術文化センターは、いい劇場です♪