1. 無料アクセス解析

年末のご挨拶

今年も 残すところあと1日です。

ひょんなきっかけで始めた、ヤマト2次小説。

まだまだ、未熟な部分も多く、頑張りが空回りしております。

そんな、瑞喜のサイトを見てくださる方がいて
1周年をお祝いしてくださったのも、ついこの間。

これも、見に来てくださる方がいらっしゃるからです!
皆様、ありがとうございました。

サイトも徐々に充実してきたかな? と思っております。
お話はあいかわらず、偏っておりますが(サーシャちゃん中心♪)いろんな種類のお話を書けるようになってきたかな?
 (パラレルでの古代君と雪のお話も書いたりしましたし…)

漫画家に憧れていた(でも、ノートに描くぐらいしかしたことのない)私が
ついに、自分で描いたイラスト(というほど大層なものでもないですが・・・)まで
サイトにアップしてしまいました。
だんだん、大胆になっていく自分が怖いです★

体調管理には十分注意されて、年末年始をお過ごしください。

では、良いお年を!

星花繚乱~天から降る星花    瑞喜

今年1年の振り返り

実は、瑞喜。
自分でも絵を描いております。

以前のブログでカミングアウトしちゃいましたよね?
関西の絵画教室で、習い始めて足掛け10年! あっという間です~

ついでに、もひとつ白状しますと
同じ絵画教室の仲間(有志)で作品展を開催しております。
ほぼ毎年なので、今年で7回目?(途中何回か抜けましたが)
ん? これも以前ブログでお話してたっけ?

いやー。
公共の展示室を借りて(そのほうが安上がりですので)
グループで作品展を開催するので
1人辺りの負担額は小さいです。

そのかわり。 肉体労働が必要です。
はぁー。

搬入して絵画をセッティング。
ライト調整とか、額のポジションとか全体の色調とか…

全部をあわせようとすると結構時間がかかります。

普段、動かない人間は… 結果。筋肉痛。
歩くのは好きですが、物の上げ下げがこんなにしんどいなんて…

それに、手分けして作業すればよいのに、何人もが一箇所に固まるんですよ。
いや、全員の意見を聞いておかないといけない場合もありますが…
グループに分かれてすれば早いのに。
(というか、何年も同じところで開催するんだから、手際を覚えようよ!)

今年も無事開催できましたが
人数が減少してきて来年はどうなりますやら…

とにかく『今年開催できてよかった』。
来年のことを思うより、今年できたことを幸せに思います。

さよなら、平和な毎日

皆さんは、通勤や、移動で音楽を聴いてらっしゃいますか?

瑞喜は、何も聞きません。
ですから、いまだに「i-pod」って何? 「mp3って?」です。
音楽が嫌い、ではなく。 耳にイヤホンを入れるのが嫌なんです。
だから、最新のPOPSなんてよくわかりません。
  
そんな瑞喜。
最寄り駅から自宅まで「歌」を歌ってます。
ええ。最新曲ではなく、過去の曲。
さらに恥ずかしいことに、横文字の歌を、よく知らないのに適当に歌って…

非常に気持ちよかった…。

ハイ、過去形です。

近所に、後輩の新居ができて… 駅までに出会う確立が…
きっと出社の時間もほぼ同じだ。
今まで、最寄り駅(の途中)で知り合い会うことなんてなかったのに
先日、目撃談が後輩からでました。
どうも、休日出勤でどんよりしていたところを見られたらしい…
(昔、同じグループにいたので、今は別のグループなので滅多に会社で会わないのに!)

ああ。さようなら、私の『歌謡ショー』タイム…

異動だ!

会社内で部署を異動することとなりました。

ということは、
業務内容が変わるということで
今まで机の中に秘蔵していた資料や
いつかまた使うかも と残して降りた資料とか
また、現在担当した業務の色々な資料は、全ていらないということなんです
(同じ部内だったら、いざというとき、ピンチヒッターとして
 舞い戻ってお手伝いという事もありえますが
 部が変わると、経費の付け替えが大変なのでまず、ありえないですね)

ということは、何年物の資料を捨てないといけません!

机の引き出し2個分はあります。 ←マメに廃棄しておけば…
   でも、後になって必要になることも多いので捨てる勇気がない瑞喜です
   はい。資料本も不要です。いつかこの部に戻ってきたときは、古過ぎて使い物ではない
   後輩に譲ってあげましょう

最近は資料は全てシュレッダーで廃棄しないといけないので
時間がかかるなー。何回袋を取り替えないといけないか…はぁー

でも、今回、「これは必要」(引継ぎ資料として必要だろう)とかの取捨選択が不要
これは楽チン♪

コレだけかと思っていたら、
資産も返却しないといけないそうで…
はい。会社支給のPC。
わたしのPCはモバイルを主眼としているので
薄くて軽くて機能も充実。性能もグー!

これが使用できなくなるのは辛いです。
それに、PC内のクリーンアップもしていかないと!!

は!
内緒で会社で作っていたヤマトなお話たち…
こいつを削除せねば!

年末は『業務』以外もばたつきそうです…(遠い目)

続きを読む »

サーシャ祭、閉幕です~

サイトを開いて早1年が経過いたしました。
ヤマトWEBの片隅にいる 
  星花繚乱~天から降る星花 の一周年。
派手なことがキライではない ←要するに、好き♪ということです…(〃ω〃)
わたくし、サイト管理者が
サーシャ祭を開催したのは、10月26日。

サイトでのお友達、先輩、おねー様、妹…
いろんな人のお力を得て、
無事? 本日、12月26日を向かえ
期間を終えることができました。

ありがとうございました。

祭に来られた皆様、感想を贈ってくださった方々。
感想をいただけてとても嬉しかったです。
次にお話を書く励みになります。

また、祭用の作品を快く提供していただいた皆様。
お忙しい中、素晴らしいお話やイラストを、
本当にありがとうございました。
  何度も同じ言葉で申し訳ありません。
誰よりも早く皆様のお話、イラストを拝見できるという特権。
そして、サイト公開用の背景他を考えれるというおもしろさ。
何より皆様と何度も親密なメール交換をさせていただけたこと。
体力的には無理をしたな、と後悔したのですが
  (仕事が予想以上にオーバーワークとなってしまったので…)
こういう体験をさせていただきましたことは
管理人にとりまして、何者にもかえれない宝物です。
ありがとうございます。
  感謝の言葉しかでてこない瑞喜です。

もう一度するか、と問われましたら…
  するかもしれません。
が、もう少し勉強をしてからです!
若気の至り。未熟者の大胆な発想。
『アイデアだけで突っ走る』のを止めたいとは思うのですが…
とにかく、何でもやってみたい、トライしたい が、信条の管理人です。
前向き100%!
これからも楽しくサイトを運営していこうと思っております。
(人に迷惑はかけないように… ええ。本当に。
倒れるときは一人で『前のめり』(笑)になるようにします)


追伸)
すぐにイベントのリンクをはずす、つもりだったのですが
しばらくはこのままとさせていただきます。
  単に今後の構想がまだできていないということですが…

年末か年始にそっとリンクをはずさせていただきます。
そして、
カテゴリー他を新たにして再オープンさせていただこうと思います。

クリスマスはヘングレ

独逸ではクリスマスにはオペラ『ヘンゼルとグレーテル』を上演する(らしい)
関西に新しくできた(といっても3年は経過している?)
その『ヘン・グレ』が
兵庫県立芸術文化センターでも2年毎に上演される(らしい。まだ2回目だけど)ようになった

ま、椿姫やカルメンでは登場が娼婦でお子ちゃまには説明しにくいし
お菓子の家というのがクリスマスぽいからだとか…
(最後に魔女はやっつけられ、神に感謝するのも クリスマスっぽいらしい)
でも、ヘンゼルとグレーテルって
確か、親に森に捨てられる姥捨て山ならぬ子供捨てる話では??

オペラでは、ちょっとヒステリー気味のお母さんで
貧乏だけどお父さんがほうき(箒を打って生計を立ている)がたくさん売れて
お土産をたくさん持って帰って来たので
両親で森に探しに行くという、内容になっていた。

日本用にアレンジかと思ったらオペラの筋書きは、全世界こうらしい。
うーむ。ヌルイ! 温すぎる内容だ!!
だがしかし、子供の多いオペラに「子供を捨てる」は禁句でしょう…

以前見たオペラよりセットが凝っていて、けっこう楽しめました♪
全幕日本語だったけど、
字幕もついていたし(オペラの発生の日本語って聞き取りにくいですからちょうどよいですね)
見やすく、楽しかったです。

下記は、劇場で開催されていた『お菓子の家』コンテストの出品作品
うーんどれもおいしそう…(食べないで!という張り紙さえなければ…)
たくさんあるなかで、何点かケータイで写してきました。
どれがお好きですか??
お菓子の家3 お菓子の家2 お菓子の家1

サーシャ祭 最後のお話アップです

星花繚乱~天から降る星花 1周年企画
サーシャ祭。

最後のお話をアップさせていただきます。

『ヤマトよ永遠に』で生き抜いたサーシャが体の傷も癒え
ようやく古代パパと地球で暮らすようになったお話です。

本来、どうして生きてこれたのか、とか、きちんと書いてからの方が良い
ええ、わかっておりますが、
どうしても、この「クリスマス・シーズン」にお年頃なサーシャの
あまーいお話を書きたかったのです
(他のサイト様に比べれば、そんなに甘くないかも?
 瑞喜の精一杯ですので、その辺も温かい目でご覧ください)

で、本来、サーシャのラブのお相手は進叔父さまに、すべきかもしれません
瑞喜的にはなんといっても
「古代君と雪」のカップリングは崩せないんですよ。
で、肝心の
ラブのお相手ですが、
今回は、特定しないとかけないお話ですので…
 ここは、四郎くんに出張っていただきました!
(ネタバレ? まぁまぁ)

四郎サーシャがお嫌いな方は、どうぞ読まないでくださいませ
(でも、大したことはしておりませんので、そういう意味では安心して読んでいただけるかな?)
この年齢になると、逆にこういう(本編をお読みください)プラトニックな方が
結構、照れるんですけどね(〃ー〃)

ダガしかし!
どうしてサーシャが四郎に心が揺れているか とか
四郎のサーシャへの気持ちの変化とか
とにかく『心の動き』というか『気持ちのゆれ』を、
丁寧に書くことができませんでした
うーむ、文章力がないんだから仕方がないか。いや、努力だ! 精進だ!!
『エヴァーアフター』シリーズは
『瑞喜版・ヤマトよ永遠に』を書き上げた時点で書き直そうとおもっているしー。
うーむ(でも、↑は一体いつになったら!? 遠い目)

とにかく!
サーシャ祭 最後のお話。どうぞお楽しみください

サーシャ祭開催中!

できました!
サーシャ祭 企画モノの最終回です。

作:瑞喜
 不思議の国の…(last)

登場人物:サーシャ、森雪、島大介 ほか

この3連休でサーシャ祭は終了するため、連載完了です
ええ、イラストみーんなすっとばしてとりあえず、終了。
あはは… (遠い目)
  イラストはできているけど、お話がまだなので、アップできなかったり
  お話が途中までで… 
  駄目駄目です。 ふぅ…
  仕事が急激に忙しくなり ←予想では収束されるはずだったのに!
  (こんな中途半端な時期に)異動が発令したのが運のつき★
  引継ぎと次の業務の勉強で時間が足りません~ 言い訳ですよね

うう。
自分のお話的には悔いが残る企画となってしまいました。
おおいに反省です。

明日か明後日に
もう1本仕上げます~ お楽しみに!?

そういえば…

瑞喜が子供の頃、
かなり嵌って見た番組に「タイムボカン」シリーズがあります。

タイムボカン →ヤッターマン →ゼンダマン …

主役の名前は忘れても。
忘れられないのが、
3悪人。
 ドロンジョさまだったり、ムージョさまだったり …
 コワルスキーだったり、あれ? あと出てこない。

返って来るそうですね。
実写とアニメ。両方で!!

でも、最近の若者(現在、30歳くらいまで)と話していると
ヤッターマンは知っているそうな。
ボタンを押すとき「ぽちっとな」 とか、
「おしおきだべー」は、知っている…

再放送ってあったんだっけ?
ネットだから? 
最近、
70年代から80年代の番組のリバイバルが多いような気がします。
『今』の番組に魅力がないのかしら?
それとも、『新しい』ものにトライできないくらい財政が逼迫しているのかしら?
(過去のをリバイバルすると、確実に数字がとれるらしいのですね?)

サーシャ祭開催中~

どうにか、毎週アップ、間に合いました★

題 忘年会
【出演】 古代進、島大介、南部、太田、 (話の中で)森雪

舞台は、瑞喜設定の『エヴァー・アフター』
  『ヤマトよ永遠に』でサーシャ(真田澪)が生還し、
  古代守パパも九死に一生を得、
  その後、
  サーシャは地球の学校へ通うようになり、
  古代守も防衛軍に復帰し…という
全てが超ハッピーな状況のお話です。

今回、サーシャ祭でのお話なのに…
サーシャが出てきません★

というのも
 17歳のサーシャが生還してからの幸せな「ラブラブ」なお話 を
 クリスマス期間に書きたかった! からです。

やっぱ、10歳のお子ちゃまのサーシャより
17歳のお年頃名サーシャを書きたいじゃないですか!

ということで、「ある状況」にお話を持っていくため
自然と出てきたおはなしが、この「忘年会」です。

やはり、クリスマスの前は「忘年会」でしょう!

同じ宴会で、ジャパニーズな宴会。
で、ようやくええ感じになりました。

以下は、本編を読み終えたあと、お読みください
 (ネタバレつーか、次回CMです)

続きを読む »

誤解のないように

先日の日記。
かなりバブリーなことを書きました。 ←え? そんなにバブリーでもない?

 若さゆえの可愛らしさって… 賞味期限があるんですよね ふっ…

『おごって』いただけたのは、ほんの短い期間だけです。 
ものの2年もしないうちに、
そんな(バブリーな)職場から離れて…

次に配属されたのは、超貧乏。
近くの部が、非常に羽振りがよいところだったのでした…

(ここから、回想シーン)

年末のこの時期
会社でも大掃除をします。
さすがに溜め込んだ資料や、使い古しのバインダー、
とめることができなくなったクリップ。

どの文房具も精一杯使われたものです。
それらを捨てるために階下のゴミ置き場へ運ぶのが年若い瑞喜──一番若者でした──
女の子といえども、容赦ありません。
ま、おじさまやお兄様は納期に追われて仕事してましたから。
で、会社全体が大掃除なので、ゴミ捨て場が廊下まで広がって…

ゴミ捨て場にはまだまだ使える文房具があふれていました!
「みてくださいー、フロッピーケースをGETしました!」←当時はフロッピーが全盛期
「灰皿も、新しいのが捨ててありましたので拾ってきました!」

と、ゴミ漁りをした戦利品を自分の部署に持ち帰ると
おじさま方も大喜びで、他部が捨てたものを再利用していました。

まるで、『動物のお医者さん』の菱沼さんのよう…

思えば、若かったなー(遠い目)

忘年会のシーズンだ!

バブリーな頃を知っているヤマト世代の皆さま。
巷では忘年会

振り返ればあの頃、一体幾つの忘年会、新年会をこなしたのでしょうか?
(単なる飲み会だったのか?)

年若い頃=バブルの頃は、いろんな飲み会にお誘いがかかりましたが
(『若い』女性が私くらいだったから、呑みに行くと必ず『おごり』でした)

あまりお酒が飲めなかったので、困ったものだった瑞喜。

でも、オジサマたちに連れられて… 
 「ビールなら飲めます~」
     ↓
  ビール1本位飲めるようになる

すると今度は
  「おいしい日本酒の味見をしなさい」
     ↓
  勧められたのが『上善水如(有名になる前だからおいしかった!)
  コレで日本酒に目覚めてしまいました★

2次会に、クラブに連れていていただいたり、
すし屋(手土産付)もあったなぁ…

ほんとにゴージャスでした。

今の若者たちは、こんなところに連れて行ってくれるような
剛毅なフトコロ(と、交際費)をもった上司がいないのでかわいそうかも…

コ ナ ンを見て

先週、ひさびさに午後7時に自宅に帰るという快挙!

そうして、普段は見ないTVを見ました。
いや、最近
「コ ナ ン、見た?」というとそのコ ナ ンとは
「名探偵 コ ナ ン」ということらしい。
私にとってのコ ナ ンは未来少年の方なんですけどね

(未来少年というのも別の漫画があったような… ? 違ったかな?)

とにかく、その週は平次君と新一君の二人が初めて会ったときの
推理対決(本人たちは相手がわからない)というストーリー

平次君を好きな女の子が
「スキーで足を捻挫」したという設定。
足を捻挫っていうことは、足首を捻挫したってことですよね?

『スキー』で足首を捻挫できません
理由は、足首が曲がらないような(固定された)スキー靴を履いてますから!
スキーで足の怪我というと、
ビンディング(スキー板とスキー靴を固定する締め具)が外れなかったら
向こう脛を骨折します。
あと、膝をねじるとか 腰をぶつけるとか、 スキー板のエッジで切るとか ですな
スキーの特訓をしていての「捻挫」でありうるとしたら
手首です。
(でも、そうするとラストに平次君が彼女を背負うというおいしいシュチエーションが展開できないと…)
単純に、スキーに疲れた彼女が、アフタースキーで捻挫。
うん、これならOKです。

そして、平次君、スキー靴で小屋の中を闊歩しておりますな。
偉く軽やかに! 
それも、ありえません。
理由は、足首が曲がらないので、歩きにくいし
普通の自分の足より大きなスキー靴を履いているんですぜ?

と、殺人事件よりほかの事に突っ込みまくりの瑞喜でした。


しかし、少年よ。
君の周りでは人が殺害されまくりだね。

ヴェルディ、レクイエム 聴いてきました

藤岡幸夫指揮
関西フィルハーモニー による ヴェルディ『レクイエム』

先日、行って来ました。

かなり、感動… です。
オーケストラと合唱なのですが
人の声って合わさると本当に力強いんですね。

それに、とてもマナーのよい聴衆で、
演奏が終わっても、即時、拍手も「ブラボゥ」もなく、し・・ん。
そして、指揮者が指揮棒をゆっくりとおろして、一呼吸。
すると割れるような拍手とブラボゥの嵐!

私も一生懸命拍手しましたとも!

いい演奏会だったと思います。
(最近、某ねーさまも書かれてましたが、)
姦しい『ブラボゥ親父』のせいで、曲の余韻が楽しめないことが多い中
曲の余韻まで楽しめたのは非常に上出来なコンサートではないでしょうか!?

でも、このコンサートは素人さんばかりだったので、どこで拍手してよいか わからなかっただけ、かもしれません…
わたしですか? 私ももちろん、わかりませんとも(威張り!)

※ブラボゥ親父とは? 
 …ブラボゥを言うためだけに演奏に参加。
  楽曲中は非常におとなしく(寝ている?)、
  曲が終わるや否や、「ブラボゥ」と叫び… 席を立つ。
  何しに来とんや!#怒 となる輩。
  こういう人は繰り返し自宅で演奏を聴き(予習)、
  曲が終わる部分を把握し、コンサートに来るものと思われる。

第2曲がとても、オドロキ!
バトルロワイヤルやエ ヴァ ン ゲリオンの バックに流れているそうです。
(そういえば、聞き覚えがあったかも?)
 先日、TV見てたら車のCMでも流れていました。
大太鼓の凄まじい音とオーケストラの音、それに大合唱が絡まって
サッチーは渾身、熱血の指揮で、体全体で激しさを表現?
初めてクラッシックを聴くという友人を連れて行ったのですが
(彼女は眠りもせず)夢中になって聴いていた、
指揮者ってすごいアクションなのね。びっくりした、
でも、とってもよかった  と言っておりました。

白状しますと、(平日の演奏会だったので)
1曲目のやさしい音で、私は あちらの世界に旅立って おりました…
で、2曲目の第一音が大太鼓(だと思う…)。
『びっくりして飛び上がる』とはこのこと。
飛び起きてからは、眠ることもなく、聴き惚れておりました。←今更… (´_`;A''あせあせ

クリスマスに向けてのこの時期。
いろんな演奏会がありますが、 この時期にしか演奏されないものも多いと思います。
友人の近所(神戸)では、教会でミニコンサートが開かれるらしい。

いいな。

続きを読む »

サーシャ祭、開催中!

サーシャ祭 企画モノの続編です。

作:瑞喜
 不思議の国の…(4→5)

登場人物:サーシャ、佐渡先生

ガミラス編が終わったので
ようやくヤマトのメンバーが参入して行きます。

はじめを飾るのは、この方──佐渡先生!

だって、イモムシ役に、真田さんとか島君をもっていったら、
(ピー)さんや、(ピー)さんに怒られそうですもの… 
  ※「ピー」に思い当たる人は自己申告のこと

どうして、4→5 にしたかというと、
4章の部分のお話を面白くできなかったから です。

  もう少し時間ができたら、書き直そうかしら?

とりあえず、今回は「4章省略! 出演予定だった土門君すまんのぅ)

次回は、公爵夫人と豚さんなんですが
これまた、描いてても、書いててもおもしろくないのでカット!

チェシャ猫だけを登場させます。

さて、チェシャ猫は誰だと思いますか?

正解された方に、特製「年賀状」を差し上げます!

ふるってご参加ください♪
 (って、誰が参加するんじゃー!!)

今年中に、この話を終わらせようと思うと… がんばりゃないと!

第六弾・「ボクらのお姫様』アップです!

サーシャ祭! ただいま開催中~

週に一度の更新です♪
今回も素晴らしい作品です~
Blue-arrow 主催者 おおとりさま

真田さんへの愛情あふれるサイトさまで… 
 あ、皆様の方が良くご存知ですよね♪

イラストをいただいてしまいました!

登場人物は、サーシャ(真田澪)、真田志郎、古代守 
   (真田さんのほうを先に書くのは、おおとりさまへの礼儀というものです! えっへん)

実は、わたくし、このイラストを見て
「サーシャになりたい!」と叫んでしまいました。
  本当に私は、サーシャサイトの主催者なのでしょうか? かなり『サーシャ』を蔑ろ…

だって、Wパパに傅(かしず)かれて すごく羨ましかったんですもの!

   問答無用の豪華さ(Wパパがカッコいい♪)
   比類なき可憐さ(17歳のサーシャちゃんがむちゃ可愛い♪)
   
うふふ。嬉しい~(涙)
おおとりさま、ありがとうございます

瑞喜、感激です~

メールをお送りしてから
(はい、あれは祭り開催当日でした… 遠い目)
すぐに、喜んで参加しますってお返事頂けて
わずかな期間で作品を頂けて、
素直に嬉しいです。

私って、いいひとに囲まれているんだって思いました。

色々とメールをさせていただいて…
(勿論、他の参加の皆様の方々とも!)
一歩。皆様とお近づきになれたような気がします。

祭開催──管理者としての幸せってこういうことでしょうか?

まだ、祭は続きます。
この幸せな気持ちを皆様にお分けできたら嬉しいと思います。

サーシャ祭開催中!

できました!
サーシャ祭 企画モノの続編です。

作:瑞喜
 不思議の国の…(3-2)

登場人物:サーシャ、ガミラスの方々

いやー、日曜日に3章を全て上げたかったのですが
絵ができてなくって…

今回、もう一枚描きたかったのですが
描いてたら、とてもじゃないので今日中にできあがらないので
素材様の薔薇の絵を…

これでひと段落。 ←どこが!?

次は普通のお話を書こうっと♪
ようやく精神的に余裕ができましたもので…

でも、明日は会社の勉強会
明後日は、友人のコンサート
木曜日は、待機しとかないといけないし…

今日中に上げれて良かったです~

サーシャ祭、連載中!

1周年の『11月26日』に何かお話をアップしようとしておりましたが…

先日の日記にも書いておりましたとおり、超過酷お仕事で
そんな計画も『実現できない夢』となってしまいました。

ということで、気持ちを切り替えて

作:瑞喜
登場人物:サーシャ(真田澪)、ほか
 ふ し ぎ の 国 のあ り す  第3章

アップしました。

といらえず、イラストができた分のみ

今回、アリスのお話を読み返してみると
色んな発見がありました。

原作通りでは、おもしろくないだろうといろんなシーンがカットされたり、付け加わったりしております。

ま、お遊び気分で読んでいただけると嬉しいです♪

あと、重要登場人物は
 3月うさぎ
 帽子屋
 眠りネズミ
 チェシャ猫
 ハートの女王・王様
(公爵夫人は今のところカットする予定です)

誰がどの役をやるのか!? お楽しみくださいませ~

ようやく復帰?

ここ1週間。
地獄を見ました。
8月のオーバーフロー作業による影響で
原因は「お金がない」ことでしょうか?

で、誰が苦労するって、ワタクシなんですけどね…

しがない中間作業員はじっと手を見る
(働けど働けど…)

来週からはどうなるかわかりませんが
多分通常モードに戻る(はず)

今日は、M子さんと「編集会議」という名の
萌え話で英気を養いました。

意欲満々!

毎週更新のためにも…
がんばるぞ!

ということで、遅くなりましたが、
更新は、明日昼過ぎ以降の予定です。
ええ、今からひとがんばりさ♪